黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

ボーナス支給式

先日、当社も社員の皆さん待望の、年末ボーナスを支給しました。

サラリーマンにとっては生活給の一部として、当たり前のように受け取るボーナスですが、経営者にとっては業績や財務諸表とのバランス、個々の能力とパフォーマンスを考慮して、悩みに悩んで決めていることは、あまり知られていないと思います。

どの会社もだいたい一緒でしょうが、年初に売上や原価・経費の予算を組み、同時に最終損益をにらんで賞与予算を組みます。

予算通りの業績があがれば、まず予算賞与を支給し、予算以上に好調な場合にはさらに上乗せ支給や決算賞与も出すことがあります。

しかしながら、リーマンショック以降は急激な需要の減退や、構造的な市場の縮小、避けて通れない設備や人的投資により、なかなか予算以上の利益を達成出来ず、ボーナスも予算通りに支給出来た年は限られていました。

とはいえ従業員にとってボーナスは生活の糧であると同時に、1年間の働きを会社がどう報いてくれるのかを計るバロメーター。

一方経営者にとっても、経営計画がもくろみ通りに推移し、目指す収益を上げることができたか。

その果実を頑張ってくれた社員に分配し、次なる挑戦へ向けてモチベーションを持ってもらうための、極めて大切な「投資」です。

同時に総額で1円でも多く支給できるかどうかは、その年の舵取りが上手く行ったか否かの、言わば「社長の年間評定」でもあります。

今年はお蔭様で、売上は当初の予算を下回ったものの、高付加価値商品の販売や、生産現場における改善活動が奏功し、利益はほぼ予算を達成する見通しとなり、予算通りのボーナスを支給することが出来ました。

去る12/6の夕刻、全国の各部門で賞与支給式を実施しました。

本社での支給式の様子です。
img_4925.jpeg
1年を振り返って今年の業績見通しをつつみ隠さず発表し、ボーナス総ファンド決定の経緯や各部門の業績評価を伝えます。

その後、各部門ごとに支給明細を部門長に手渡して…
img_4940.jpg

ガッチリ握手!
img_4938.jpeg

決して大手の上場企業のように「たっぷり」とは言えませんが、今期についてはまずは予算通り、前年比では大幅アップのボーナスが支給出来たせいか、社員の皆さんの表情は終始明るく和やかでした。

支給後、電話やメールで「社長、今年もボーナスありがとうございました!」というお礼のメッセージをくれる社員も多く、そんな言葉を聞くと「社長をやっていてよかったな」と思えます。

右肩上がりの経営環境ではありませんから、年内の見通しを立てる時期、賞与ファンドを決定する時期は、毎年薄氷を踏む思いです。

今年は良くても、来年いいとは限りません。

どうしても波があるのは我慢してもらうしかありませんが、長い目で見て着実に前進することが大切。

頑張った社員・会社に尽くしてくれる社員に精一杯報いることが出来るよう、社員のみなさんが力を出し切れる環境を整え、しっかりとした成長ビジョンを描いていきたいと思います。



↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2017/12/16 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

設立60周年を迎えました。感謝の気持ちをこめて…

去る2017年9月12日、日学株式会社はおかげさまで設立満60周年を迎えました。

60.png

たくさんのお客様、お取引先様、従業員、そして諸先輩方に支えられ、ここまで来れたことに心からの感謝の気持ちでいっぱいです。

先週9月15日(金)には、全役職員が藤枝にある日学静岡工場に集まり、見学・研修会を行いました。

ずらりとならんだ静岡工場スタッフのお出迎えです。
IMG_7525.jpg

新入社員や営業・業務系の社員を集めて、工場研修を行うことは時々あるのですが、全社員が一度に工場に集まるのは初めてのことでした。
IMG_7546.jpg

1S4A7071.jpg

見学に来た社員の中には、赤ちゃん連れも
IMG_7541.jpg
思わず笑顔がこぼれます。

(ちなみに抱っこしているのは「お父さん」ではなく、当社の林下取締役です)

「第2回日学・黒板アート甲子園®」の最優秀賞を受賞した、静岡県立富士宮東高等学校の生徒さんが、新宿クリエイターズ・フェスタで描いてくれた黒板アート(実物!)も展示しました。
1S4A7090 (1)

周到な準備を重ねてくれた、静岡工場スタッフのみんな、ご苦労様でした。

そのあと、静岡市内のホテルに移動し、役職員とかつて当社を支えてくれたOBをお招きしての、ささやかですが実に心温まる当社らしい記念式典と祝賀会を催しました。
IMG_7564.jpg

IMG_1148.jpg

全員での記念撮影。
IMG_1173.jpg

小さな会社ですが、中には初対面同士の社員たちも多く、「はじめまして、お電話ではいつも…」の声が聞こえます。

また、久々に合わせる顔も多く、ほどなくビール瓶片手に、入り乱れててんやわんやの大宴会。
IMG_1292.jpg

静岡工場親睦会では恒例のじゃんけん大会を全社員で。

舞台に立つのは今年入社の望月くん(18)です。
IMG_1309 (1)

締めは常務の髙着さん。
IMG_1345.jpg

そして会は、2次会、3次会と続いていきます(笑)
IMG_1349.jpg

IMG_7557.jpg

実に楽しい一日でした。

この日のために、準備に奔走してくれた伏見本部長には、本当に頭が下がります。

なお、全社休業日とさせていただいたため、お得意先様、お取引先様には大変ご迷惑をおかけしました。

この場をお借りしてお詫び申し上げます。

また各方面からお祝いのメッセージ、美しいお花やお祝いの品の数々を頂戴しました。
お祝い

大井町本社のエントランスは、華やかないろどりと甘い香りにあふれています。

お心遣いに、本当に本当に、感謝いたします。

次の10年、そしてその先の未来に向けて、皆様のご期待にそえるよう、社員一同、知恵と力を結集し、常に前に進んでいきたいと思います。

どうぞこれからも、よろしくお願いします。



↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2017/09/19 ] イベント | TB(-) | CM(0)

日学にロボット来たる!!~アボットライリー~

今やAIやロボットが新聞やニュースで取り沙汰されていますが、我が社にもやってきましたよ、ロボット。

その名も「アボット・ライリー(appbot RILEY)」!!

IMG_7323.jpg

当社お得意先のライオン事務器さんが、5月に開催された教育ICTソリューションEXPOに出品、6月発売を発表してたところに真っ先に飛びついて、第1号機を購入させていただきました。

ロボットといっても、ペッパーくんやRobiのような自律型のロボットではなく、動く監視カメラ的な製品で、「ラジコン戦車にWebカメラが付いている」というと判りやすいと思うのですが、お値段なんと29,800円(税込み)と驚きの低価格。

では遅ればせながら、開封レポートです。

外箱の各面はこんな感じ。
IMG_7094-COLLAGE.jpg

ふたを開けて…中身を全部出してみました。
IMG_7103.jpg

本体と充電台、アダプター、USBケーブル、取説の5点が入ってます。

初期設定の前にまず、スマホやタブレットにアプリを導入しておく必要があります。

電源ボタンとRESETボタンを同時に長押ししてしばらく待つと、首を上下に振り、ライリーが渋い声で「I'm ready」とつぶやきますので、スマホアプリの設定に取り掛かります。

設定の入り口がちょっと変わっていて、まずスマホ自体の設定をちょっといじります。

「Wi-Fiの設定」を選び、ライリーが発信しているWi-Fi電波をキャッチします。

周囲に飛んでいる電波のうち、"APPBOT-xxxxxx Wi-Fi"を選び、8桁の初期パスワードを入力して接続します。

接続が完了したら、先ほどインストールしたアプリを起動し、自分のLAN環境のWi-Fiに接続します。
Riley設定

うちのライリー君の時はこのときにちょっと手間取りました。

どうやら、この手順はまず、スマホとライリー君(無線アクセスポイント機能を持つのか?)を繋ぎ、

  スマホ--Wi-Fi接続--ライリー君

ライリー君をリモートコントロールする形で、ライリー君と自分のWi-Fi環境を接続するというプロセスのようです。

  スマホ--Wi-Fi接続--ライリー君--Wi-Fi接続--LANネットワーク--WANネットワーク

間違ってたらごめんなさい(^_^;)

初回ではこのリモートコントロールがうまくいかず、いつまで経ってもライリー君とWi-Fi環境が繋がらずに苦労しました。

結局何回かリトライしたら成功しましたけどね。

接続完了後、4桁の初期パスワードを入力するとあっさり繋がりました。

推測ですが、この時点でスマホとライリーのWi-Fi接続は切断され、スマホは元のWi-Fiネットワークに接続。

ライリー君もLANネットワークに接続されていて、Wi-Fiルーター経由でスマホとライリー君の接続が確立されたものと思われます。

接続が確立されると、さっそくライリー君のカメラの画像がスマホに表示されます!!

Riley機能

スマホ画面上に表示される、操作ジョイスティックで移動したり、カメラを上下させることができます。

これは、正直、面白い!!

秀逸なのは、充電ドックに自走して戻る機能。

お掃除ロボットのルンバのように、ドックの位置を記憶して戻ることは出来ないのですが、ジョイスティックでコントロールして画面にドックを映し、機能画面を出して「ドッキングボタン」を押せば、後は自分でドッキングしてくれます。

この動作が、なんとも「男の子ごころ」をくすぐります。

ジョイスティックでコントロールして床を走り回らせてみたのですが、動きはわりとのっそりですね。

人が歩くスピードには敵いません。

…ので、会社でチャキチャキ歩いている人に出くわすと、踏み潰されそうです(笑)

現在、うちのライリー君は日学本社の東京パブリック営業部のキャビネットの上に、充電ドックとともに鎮座して、社員のみんなの働きぶりを見守っています。

IMG_7417.png

手前左のデスクで、スマホをいじっているのは、何を隠そうこの私自身です(笑)

ライリー君が社内のWi-Fiにさえ繋がっていれば、スマホで外出先からコントロールできるのが面白いところです。

マイクとスピーカーが付いているので、やろうと思えば会話も出来ますが、若干遅延するのと音質がさほどクリアでないので、会話するなら相手が居るのをカメラで確認して、電話した方が快適かもしれません。

たまにライリー君の機嫌が悪いと一発では繋がらず、何回かリトライしたり、しばらく経ってから接続すると繋がるところが、なんとも気まぐれで人間ぽい(笑)

上下・左右に視野を移動でき、赤外線カメラモードも備えているので防犯カメラとしても使えますね。

あと、子供やお年寄り、ペットなどの見守りにも活用できるでしょう。

以上、「アボット・ライリー(appbot RILEY)」の開封&使用レポートでした。

冒頭にも述べましたが、「人の自律行動を模しているか」という観点では、これは「ロボット」というより、さまざまな機能を盛り込んだ「遠隔操作カメラ」。

(だから、ロボット・ライリーではなく「アボット」なんですね!)

しかしこれだけ充実した機能を持ち、愛嬌のある外見の遠隔カメラが、30,000円を切る価格で手に入る時代がやってきたことは感慨深いです。

AIやIoTの進化がもたらす、大きな変革の波がもうすぐそこに来ていることを実感せざるを得ません。

みなさんもよかったら、実際に手に取ってみてください。

ご購入の際はぜひ、ライオン事務器さんのWebショップからお買い上げくださいねm(__)m


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2017/08/25 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

ご無沙汰してます。

いやー、ずいぶん書き込みが滞ってしまいました。

放置すること実に2ヵ月半、さすがにブログ閉鎖かと思われちゃいますね(笑)

実は5月より生産本部長から営業本部長に担当セクションが替わり、現状把握のための現場回りや新しい方針策定など、スケジュール的にも精神的な部分でも多忙な日々でした。

加えて6月上旬にアメリカのシカゴで開催される、世界最大のオフィス家具見本市「NeoCon2017」なんぞの視察にも行ってしまい、自らの首を絞めました

そんなこんなでご無沙汰してしまいましたが、なんといっても「第2回日学・黒板アート甲子園®」受賞校の表彰式についてご報告せねばなりませんね!!

まずは、「VR黒板」(↓)が最優秀賞を獲得した静岡県立富士宮東高等学校の≪ちゃん’S≫チームのお2人に会うために、6/2(金)同校を訪問させていただきました。
main_result_01_b.jpg

学校を囲むフェンスには、立派な横断幕。
IMG_0013.jpg

幸いなことに、その翌日から開催される同校の文化祭で展示するため、作品が保存されており、その前で記念撮影することが出来ました。
DSC_2343.jpg

なんと、その日は静岡放送の取材が来ていて、私もちゃっかりその日の夕方の放送に映ってしまいました
IMG_0002.jpg

もちろん主役の二人はばっちり取り上げられ、即興の黒板アートも描いてくれました。
IMG_0003.jpg

IMG_1180.jpg

今回も当社が主催したイベントがきっかけで、新しい才能が発掘され、メディアに取り上げられてより多くの人々にその才能が認められる。こんなに嬉しいことはありません。

続いては、昨年の大会で最優秀賞を獲得し、本年も映画『君の名は。』の名場面を模写する特別課題の部で最優秀賞をはじめ、優秀賞、入賞など各賞を総なめにした感がある、強豪校・埼玉県立大宮光陵高等学校6/6(火)にお邪魔してきました。

特別課題の部・最優秀賞:≪たけし≫チーム(3名)
T0004_埼玉県立大宮光陵高等学校_たけし_overall

メイン大会・優秀賞:≪ジューC≫チーム(3名)による「鯨波」
M0009_埼玉県立大宮光陵高等学校_ジューC_overall

メイン大会・入賞:≪effect≫チーム(2名)による「湘南新宿らいん。」
M0072_埼玉県立大宮光陵高等学校_effect_overall

日学社員賞:≪ミラクルハッピー製法≫チーム(3名)による「僕はいま」
M0014_埼玉県立大宮光陵高等学校_ミラクルハッピー製法_overall


受賞した各作品が素晴らしいのはもちろんですが、選に漏れた作品もどれも捨てがたい良作をたくさん応募してくれたのがこの大宮光陵高校。
IMG_0838.png

すでに、昨年の最優秀賞受賞後は、テレビやイベントでの「ライブ・黒板アート」への声かけが引きも切らないそうで、昨年表彰のためにお邪魔した時に比べ、心なしか部員数も充実し、明るくにぎやかになったように感じました。

今回、私が表彰にお伺いしたのはこの2校だけなのですが、その他の受賞校すべてに当社の社員が表彰状と副賞を持参して訪問させていただきました。

お忙しいところご対応いただいた、担当の先生方に心からお礼申し上げます。

そして何より各賞を受賞された「黒板アーティスト」の皆さん、心よりおめでとうございました。



↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2017/07/18 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)

審査結果発表!第2回日学・黒板アート甲子園。

大変お待たせしました!

今日は5月9日、知る人ぞ知る「黒板の日」です。

そして本日午前10時、第2回日学・黒板アート甲子園の審査結果が発表されました!!
main_img.jpg

今回も全国から150を超える作品の応募を頂きました。

多くの先生方にも支えられ、製作に携わった中高生の総数は800人に迫りました。

その中から厳正な審査の結果、25の作品が入選作品として受賞しました。

賞の種類:学校名(チーム名)/人数 「タイトル」の順で表示します。

【メイン大会】
最優秀賞:
静岡県立富士宮東高等学校(ちゃん’S)/2人 「VR黒板」
main_result_01_b.jpg

優秀賞:
埼玉県立坂戸高等学校(坂戸高校美術部)/8人 「黄昏の旧友」

九州産業大学付属九州産業高等学校(美術部と弓道部)/2人 「期待と不安」

埼玉県立大宮光陵高等学校(ジューC)/3人 「鯨波」

審査員特別賞:
<小野先生>誠恵高等学校(2K)/8人 「あとかた~受け継ぐ者~」

<熊沢先生>常葉大学附属菊川高等学校(teamメガネ)/2人 「広がる世界」

<三澤先生>静岡県立駿河総合高等学校(えのきもの)/8人 「鳥獣戯画」

日学特別賞:
福岡県立八幡中央高等学校(Cross)/3人 「Flower Whale ~ビッグになれよ~」

熊本県立大津高等学校(大津高校美術部3年卒業駅)/16人 「卒業駅」
熊本県立大津高等学校(大津高校美術部3年旅立ち)/20人 「旅立ち」
(※連作として受賞)

奈良県立郡山高等学校(美術部)/21人 「想い」

入賞:
石川県立金沢桜丘高等学校(アキヤマ)/2人 「私たちは何でもできる」

八戸工業大学第二高等学校(松大)/6人 「春のとまり」

埼玉県立大宮光陵高等学校(effect)/2人 「湘南新宿らいん。」

アイディア賞:
都立府中西高等学校(ふたり毎)/2人 「決意」

ユーモア賞:
東京都立武蔵村山高等学校(村高美女子)/3人 「海底寿司」

日本白墨工業賞:
熊本県立岱志高等学校(それゆけ岱志トリオ)/3人 「夢よ大空へ羽ばたけ」

【ジュニアの部】
最優秀賞:
名古屋市立神の倉中学校(美術部の魔術師たち)/5人 「卒業式…」

入賞:
能登町立小木中学校(一期一会)/2人 「未来を眺める」

愛知教育大学附属岡崎中学校(附中美術部)/3人 「創る」

【特別課題の部】
最優秀賞:
埼玉県立大宮光陵高等学校(たけし)/3人 「課題作品 No.003」

優秀賞:
埼玉県立坂戸高等学校(ほうれん草)/8人 「課題作品 No.005」

入賞:
八戸工業大学第二高等学校(ブルゾン中居 with B)/5人 「課題作品 No.001」

静岡雙葉高等学校(ちばと愉快な仲間たち)/6人 「課題作品 No.001」

京都市立銅駝美術工芸高等学校(どうだりあん)/4人 「課題作品 No.010」「課題作品 No.011」

それでは、公式HPからすばらしい受賞作品の数々をご覧ください。

(サムネイル画像は小さくトリミング・リサイズしていますので、ぜひクリックして大きな画像でご鑑賞ください)

あなたはどの作品がお好きですか?



↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2017/05/09 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(2)
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職