黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

近況報告~その2

続いての近況報告は、やはり日学・黒板アート甲子園®︎2021について。

211111mv.jpg

コロナ禍の制約ある状況の中、2021年は下記の通り過去最高の参加記録を更新して終了しました。

応募作品総数(4部門):227点
参加学校総数(4部門):118校
参加生徒総数(4部門):2384人

結果発表サイトはコチラ

栄えある最優秀賞は、並み居る強豪校を抑えて、静岡県立浜松大平台高等学校/大平台高校Aチーム(7人)が初の栄冠を手にしました。

M19.jpg
(作品名:冬の幾何学)

しかも同校は白板アート部門でも最優秀賞、入賞を獲得し、いわば上位を総なめにするという快挙を果たしました。

W2.jpg
(静岡県立浜松大平台高等学校/まじかる☆ついんてぇる(5人)/作品名:Alice is in battle now ~只今アリスは戦闘中!~)

コロナ問題もあって今年は学校を訪問しての表彰式は控える方針だったのですが、この彗星のように現れたチャンピオン校についてもっと知りたくて、コロナ陽性者数減少の合間を縫って、急遽、昨年12月の上旬にお邪魔してきてしまいました。

その時の模様がコチラ

各紙でも取り上げていただきました。

黒板アートで全国最優秀賞、白板部門も最高賞 浜松大平台高(中日新聞:2021年12月11日 )

とても素晴らしい環境、設備の整った学校で、校長先生以下、今回の受賞を大変喜んで頂きました。

昨年はチームが集まっての制作の場や時間が確保できず、参加を断念したそうで、今回の受賞の喜びはひとしおだったようです。

お忙しい中、またコロナ禍で難しい環境の中、表彰式にお付き合い頂いたことはもちろん、素晴らしい作品を制作してくれた生徒さん、またそれを支えてくれた周囲の皆さんに感謝です。

今回で7回目を数える日学・黒板アート甲子園®︎

メインの高校生黒板アート部門はもちろん、白板の部ジュニアの部動画部門も応募作品が増え、レベルアップすると同時に、広がりと奥行きがますます充実してきました。

この場では表現しきれませんので、応募全作品も含めてじっくりご覧いただければと思います。

また、2021年大会はテレビ局が報道番組で、黒板アート作品の制作前段階から学校に密着し、発表までの様子をドキュメンタリータッチで取り上げていただくケースがかなりありました。

中でもYouTubeで公開されご覧いただける、前年度大会覇者の好文学園女子高等学校の密着映像を共有します。

黒板に絵画作品を描く『黒板アート』大会で連覇を目指す大阪の強豪校に密着!(読売テレビニュース)


仲間たちとのコラボと葛藤や、度重なるコロナ禍の障害、描き上げたときの達成感と結果発表の高揚感が、怒涛のように押し寄せて、ハンカチ無しには観られない感動の約20分間です。

緊急事態宣言等により、2020年に続き、募集期限や審査会日程をギリギリまで調整せざるを得ないなど、困難な大会でしたが、やはり開催して良かったと思います。

そしてもちろん、本年2022年も日学・黒板アート甲子園®︎2022大会を開催する方針ですので、お楽しみに!!


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2022/01/21 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nichigakushacho


こんにちは!

黒板・白板メーカー、
日学・三代目社長の吉田です。

ITツールが飛躍的に進歩する中、
なぜか今もあなたの身の回りにも
必ずある黒板やホワイトボード。

パッと書いてサッと消せる。
アナログならではの持ち味が、
そこにはあります。

考えや思い、ひらめきを、
正しく伝え相手と共有する、真の
コミュニケーションを追求して。

「Face to Face ―
  書けば伝わる、共感する。」

日学は人と人とが向かい合う時、
想いを伝えるのに最適なツールや
ソリューションを提供します。