黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

【直前のご案内】日学・黒板アート甲子園®︎2020の応募、最終締め切りは9月23日です!

突然、降ってわいたように襲いかかってきた今回の新型コロナウイルス感染拡大。

犠牲となった方が数多くいます。

ご冥福をお祈りいたします。

また、世界中の人々が生活の劇的な変化を強いられました。

仕事を失い、明日の生活にお困りの方も多いことでしょう。

あるいは生徒・学生の皆さんの、限られた学校生活の貴重な期間が、「自粛」の名のもとに厳しく制限されたことを本当にお気の毒に思います。

小・中・高校生については、かなり平常の生活に近づきつつある一方で、大学生については未だにほんのわずかしか対面授業が再開されていないことが、少しずつメディア等で報じられるようになってきましたが、十分ではないと感じます。

さまざまなイベントが制約を受ける中、当社が主催する『日学・黒板アート甲子園®︎2020』も一時は開催が危ぶまれました。

対象となる生徒さんたちが、キャンバスである黒板のある学校に立ち入ることができないのですから…。

しかしながら、こんな時こそ何としても開催すべきではないか。

一人でも多くの生徒さんたちが互いに繋がり合い、力を合わせて作品を生み出し、それをより多くの人々に観てもらうために、私たちが橋渡しをするという、このイベントの基本理念がこんな時こそ求められているのではないか。

多くの皆さんのご支援とご協力により開催継続を決め、そして度重なる延期の末、最終締め切りである9/23(火)が近づいてきました。

あと5日黒板アート甲子園2020

従来のような「自由に描ける環境」が整っていないにも関わらず、すでに数多くの応募作品が集まりつつあります。

指導してくださっている先生方に心から感謝します。

締め切り最終日まで、生徒さんたちの知恵と努力と笑顔の結晶である、宝石のような作品のご応募をお待ちしています。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2020/09/18 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nichigakushacho


こんにちは!

黒板・白板(ホワイトボード)メーカー、日学3代目社長の吉田です。

ITツールが飛躍的に進歩する中、なぜか今もあなたの身の回りにも必ずある、黒板やホワイトボード。

考えや思い、ひらめきを、正しく伝え相手と共有する、真のコミュニケーションとは何か。

日学は「Face to Face ― 書けば伝わる、共感する。」をコーポレート・メッセージとして掲げ、人と人とが向かい合うとき、思いを伝えるのに最適なツールやソリューションを追求します。