黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

なに気にスゴイらしい、健康優良企業・銀賞。

最近とみに働き方改革とか、ライフ・ワーク・バランスとか話題になってますね。

生産年齢人口の減少に歯止めがかからない中、労働力の確保、人材獲得競争は激化するばかり。

一種のブームみたいになっている気がします。

まあそれはそれで、各方面に市場が創造されたり、生産性向上の意識が変わったりいい面もあるのでしょうから、一概に悪いわけではなく、日本社会全般にとっては必要なことなのだと思います。

一方、当社はというと、以前このブログでも申し上げているように、会社経営理念の一丁目一番地が「社員の幸福」ですから、考え方としてはまったく違和感なく、当たり前のこととして以前から取り組んでいるような気がします。

それが表れている一端が健康保険組合連合会東京連合会による「健康優良企業認定」。

20180904115255775_0001.jpg

当社は銀賞を頂いているのですが、健保組合の皆さんの話を聞くと、これがなかなか取れないらしいんです。

執筆中の現在、当社が加入する東京文具工業健康保険組合で銀を受賞したのは当社のみ。

東京連合会の全企業の中でも400社足らずしか獲得していないようです。

何をすれば認定されるかというと、まず「健康優良企業宣言」をした上で、「健康企業宣言チェックシート」で現状を確認、PDCAを回して基準以上を獲得し、健保組合と東京連合会に認めてもらう必要があります。

高得点が取れれば金賞・銀賞を獲得できます。

で、日学ですが、あっさり銀賞取っちゃいました(笑)

当社としては、当たり前のことを当たり前にやっていただけなので意外でしたが、それでも客観的に評価してもらえると嬉しいですね。

会社が健全に運営されるためには、何よりも社員の健康が大前提ですから、今後もさらに上の色を目指して取り組んでいきたいと思います。

同時に今後重要視しなければならないのは、生産性の向上

当社とて時間外労働は少なからずありますし、最近は新卒・中途のいずれも採用環境が厳しくなっていることをひしひしと実感しています。

少ない人手で効率よくモノを造り、効率よく売る仕組み作りが、社員にとっても会社にとっても幸福をもたらすと確信しています。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2018/09/04 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職