黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

実はハイテク!ホワイトボード&マーカー

2015-02-27 13.56.03

普段、何の気なしに使っていると思いますが、ホワイトボードって実はとても過酷な使い方を想定された製品なのです。

まず、考えてみてください。

普通の会議室にあるたたみ1畳分のホワイトボードや、横幅3.6メートル・縦1.2メートルの学校白板。
これほどの大きさの表示面を、凝視するモノって、普通に考えると下記の様な製品が挙げられます。

○大画面テレビ
○ホームシアタースクリーン
○姿見用の鏡
○広告用看板etc.

これらの製品は「きれいに美しく表示される」ことを要求されます。
映像や貼り付けられたものが歪んだりしたら、台無しですよね。

ホワイトボードも同様ですが、それに加えて「表面を擦(こす)られる」という条件が加わります。
マーカーのペン先やイレーザー(白板拭き)の多くは、PETやアクリル・メラミン等の固い化学繊維で出来ています。
「書き消しする」ということは、綿のタオルと違って、ナイロンタワシでゴシゴシ擦るようなもの。

しかも使っている間、ずっとです。

先に挙げた製品群には、こんな使い方をするものはありません。
きっと見えない小キズがたくさんつくことでしょう。

この小キズがホワイトボードにとっては致命傷なんです。
ホワイトボードにマーカーで書き消しするメカニズムについては、日本筆記具協会さんの解説が分かりやすいです。

特に消すためのメカニズムは、かなりスゴイ。
普通の水性マーカーを使って、ツルツルのボール紙に書き消しするのとは技術レベルが違います。

この説明の中にもあるように、ホワイトボードの表面に小さなキズが付くと、その溝に顔料が入り込んでしまいます。
そうなるとイレーザーでいくら擦っても消えません。
市販のクリーナーなどで落とすことをお勧めします。

そして、その小キズが付きにくいのが、表面をガラスコーティングしている、いわゆる「ホーロー白板」。
300ミクロンの鉄板に、アルミメッキを施し、ホーロー釉薬というガラス質の液体を塗布して約600℃で焼き付けます。

この時、ホワイトボードマーカーで快適に書き消しする滑らかさと、蛍光灯などの光の映り込みを抑え、見やすくするために、表面の光沢度をコントロールするのが勘所です。

通常のホワイトボードの表面は白く塗装しただけだったり、アクリルコーティングしているものが主流ですが、ホーロー白板の表面はモース硬度4.5。

アクリルコーティングのホワイトボードの表面硬度は、よく鉛筆硬度9Hくらいとか言われます。
モース硬度との換算についてはいくら調べても出てこないのですが、いずれにしても擦る相手はしょせん鉛筆。

一方のホーロー白板の表面は、コインで擦ってもびくともしません。

超長持ちします。

普通の使用なら、10年ぐらいは交換不要です。

…だから儲かりません(泣)

それは冗談として(でもないけど)、ちょっとお値段は高めですが、快適に書き消しして、ストレスなくコミュニケーションの道具としていただくためにも、丈夫で長持ちのホーローホワイトボードをお勧めします。

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/02/27 ] 製品 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nichigakushacho


こんにちは!

黒板・白板(ホワイトボード)メーカー、日学3代目社長の吉田です。

ITツールが飛躍的に進歩する中、なぜか今もあなたの身の回りにも必ずある、黒板やホワイトボード。

考えや思い、ひらめきを、正しく伝え相手と共有する、真のコミュニケーションとは何か。

日学は「Face to Face ― 書けば伝わる、共感する。」をコーポレート・メッセージとして掲げ、人と人とが向かい合うとき、思いを伝えるのに最適なツールやソリューションを追求します。