黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

内定式。

ご無沙汰してます、黒板屋■三代目社長の吉田です。

日学は12月決算なので、来年の予算を策定するにあたり、いろいろ考えなければならないことが多く、更新が滞ってしまいました。

そんなわけで1ヶ月近く温めてしまいましたが、去る10月3日に来年春卒業予定の大学新卒者の、また10月19日には高校卒業予定の新卒者の内定式を行いました。

前年は大卒者2名でしたが、今回は大卒1名・高卒1名の計2名です。

また前年は女性2人に対して、今年は女性1名(大卒)・男性1名(高卒)です。

女性ばかりだと、「あーぁ、だから社長は…(以下略)」と言われかねないので(笑)、男子が1人入ってくれたのはとってもありがたい♪

去年から始めた「日学・黒板アート甲子園」の広告効果か、今年もたくさんの入社応募がありました。

ご縁があったのは限られた2名でしたが、私も採用活動を通じて入社に対する熱意や、最近の学生たちの生活ぶり、社会人になるにあたっての若々しい思いなど、さまざまな気付き、そして元気をもらいました。

思い返せば私も20数年前、就活に走り回りました。

考えてみれば就職活動とは、人生で初めて本気で、社会と向き合う機会ではないかと思います。

同時に自分は何者で、何がしたいのか、どのような大人になりたいのか、どのように社会と関わりたいのか、未熟ながらもとことん考え抜く、初めての経験だったように感じます。

また、内定をもらえないということは、入試のように学業成績で落とされるのではなく、能力や人間性でふるいにかけられるという意味において、ひとりの人間として組織に拒絶される、初めての苦い体験でもありました。

しかしそういった数々の経験の積み重ねを通じて、自分もちょっと成長した気がします。

きっと今年の内定者も二人も、少なからずそんな経験を経て、当社への内定が決まったんじゃないかな。

苦労して内定を勝ち取ったことに加え、きっと大きく成長した、そんな意味も込めて、心から「おめでとう」の気持ちを伝えたいです。

2017年大卒予定者内定式

来春の卒業まで、あとわずかな期間ですが、残された学生生活を有意義に過ごし、またひと回り成長して入社の日を迎えて欲しいと思います。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/11/01 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職