黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

"手書き"か"タブレット"か。

こんな興味深い記事に出くわしました。

“タブレットで勉強” ってほんとうに効果はあるの? ”紙で勉強” と科学的に比較してみた。
study hacker

ちなみに記事に添えられている写真の、金髪の美しい女性は、内容には一切関係がありません(笑)

むしろこんな環境では、学習効果なんて下がる一方でしょう(´∀`*)

それはさておき、コラムの中で注目すべきは、以下の2点ではないでしょうか。

『スマホやタブレット(多分PCも含まれる)のディスプレイは【透過光】、すなわち画面の向こう側から、光を直接発しているため、目には光源からの光がダイレクトに当たることで認識され、一方、紙に書かれた(そしておそらく黒板やホワイトボードに書かれた)文字は、直接光を発さず、太陽や照明の光が反射することで我々の目に入ってくる【反射光】で認識されるということ。』

『【反射光】で文字を読むとき、私たちの受容モードは自動的に、そして脳生理学的に「分析モード」になり、心理的モードは「批判モード」に切り替わる。したがって、ミスプリントを見つけやすい。
【透過光】でものを見たとき、私たちの認識モードは、自動的にパターン認識モード、くつろぎモードに切り替わる。このモードでは、細かい部分は多少無視して、全体的なパターンや流れを追うような読み取り方をするので、全体の流れを追うのには適している一方で、細部にあまり注意を向けることはできず、したがって、ミスプリントを見逃してしまう。』

確かにPCで作成した文書を、いくらWordやPDFの形式で、ディスプレイ上で推敲してもミスタイプが残ってしまい、紙にプリントアウトすると見つかり、ディスプレイで修正しているとつい他の部分を直したくなり、「よし、出来た!」と思ってプリントアウトすると、また新たなミスプリが見つかる…という無間地獄(笑)にはまるということはありませんか?

私はしょっちゅうです。

(このブログもあとでちゃっかり書き直してたりします(笑))

また、私はディスプレイ上の文書を読むとき、何となく「ゆったりした気持ち」で、「かなり大雑把」に読み飛ばしている気がしていたのは、いわゆる「パターン認識モード」「くつろぎモード」になっているのかもしれませんね。

一方で紙にプリントアウトされた文書を読むときは、右手に赤いボールペン、手元にはポストイットを置いて、かなり「分析モード」で真剣に読んでいる気がします。

他にも紙は一覧性が高く全体を俯瞰できることや、顔の向きがディスプレイは「ほぼ正面」であるのに対し、紙の文書はデスクに置いて、「俯いて(下を向いて)」読んでいることも関係があるかもしれませんね。

掘り下げて研究してみると、いろいろわかることがありそうです。

(どなたか、一緒に研究しませんか?)

私がここで注目しているのは、大勢の生徒・学生や受講者に何かを伝える時、大まかに流れをつかんで欲しい時に適したツールと、聞き手同士が活発に議論したり、きちんと要点を分析・整理し、記憶するのに適したツールは使い分けるべきある、という持論に見事に合致している点です。

すなわち前者はICTを活用した電子黒板で、後者は黒板・ホワイトボードを使った板書です。

授業・講義の導入として歴史やストーリー、静止画面では伝えにくい部分は電子黒板を使い、生徒たちを【パターン認識モード・くつろぎモード】に切り替え、パワポやアニメーションを多用して伝えるのが効果的です。

また生徒同士で議論したり、要点を整理し、記憶にとどめて欲しい部分は板書を使うことで、【分析モード・批判モード】にスイッチすれば、学習効果を高めることができそうです。

このコラムを更に読み進めると、『パソコンを使っていた学生は24時間後には記録した内容を忘れてしまうことが多く、また大量のノートを見返しても記憶を呼び戻すのにあまり有効ではなかった。(中略)対照的に、手書きでノートを取った学生は講義内容を長く記憶でき、1週間後でも講義で示された概要をよく覚えていた。専門家らは、書くというプロセスがより深く情報を記憶に焼き付けると指摘する。また、手書きのノートはよく整理されているため、復習にもより大きな効果を発揮する』とあります。

一方で『ノートパソコンで授業のノートを取る学生は鉛筆やペンを走らせる学生よりも多くの量を記録し、容易に講義についていける場合が多い』ともあります。

つまり、記録の速さは「パソコン」、学習効果がより高いのは「手書き」ということですから、板書を記録することを取るのか、じっくり理解することを優先するのか、授業のスピードと学習の質という点でのミスマッチが起きているような気がします。

だらだらと思いつくままに書き綴らせていただきました。

考えてみれば、パソコンやタブレットは私が小学生のころは、授業で使うなんて想像もしていませんでしたから、ほんの2-30年後にはこんな議論自体が無意味になるようなツールが生まれているのかもしれませんね。

いずれにせよ、子供たちは学校で、学習だけでなく集団生活や社会で生きていくためのルール、肉体の鍛錬など身につけなくてはならないことが山ほどあります。

教える側の先生方は、生徒以上にやることが多く、お忙しいことでしょう。

「学習」という側面において、より効果的・効率的に理解度や考える力を高めるツールとして、当社の製品・サービスがどのようにお役に立てるのか、また何を求められているのか、常に考えていかなければと感じさせられるコラムでした。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/09/21 ] 業界のおはなし | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職