黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

黒板アート甲子園!!

昨年の3月のことです。

偶然、学生や生徒さんたちが学校の黒板に描く、数々のアート作品をまとめたHPに出会いました。

残念ながら、今はリンクが切れているのですが、似たようなページをまとめたのが↓です。
NAVERまとめ「黒板アート」

すごいでしょ?
感動でしょ?

僕らが学生のころは、こんなことするヤツいなかったけどなぁ…。

若い子たちの発想って、素晴らしいです。

芸術的な評価は、僕には出来ませんが、見てるだけでも楽しいし、何かこう、熱い思いみたいなものが伝わってきます。

何よりも、黒板をキャンバスにしているのが嬉しいじゃありませんか。

このページを見つけて以来、なんとか彼らのワークを形に残したくて、ずーっと考え続けた結果、やっちゃうことにしました!

名付けて「日学・黒板アート甲子園」

予算が厳しいので(T_T)、今回はプレ大会。

広告宣伝費も最低限ですが、全国の高校生を対象に作品を募り、「最優秀賞」にはなんと、トラベルカード10万円分を贈呈しちゃいます。

応募していただいた作品は、アーカイブとして、ホームページでいつでも、誰でも見られるようにしたいと思っています。

絵でも言葉でもいいから、別れの季節である卒業シーズンに、伝えたい思いを黒板アートに託して。

応募作品がひとつでも多く集まるといいなぁ。



↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/02/10 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nichigakushacho


こんにちは!

黒板・白板(ホワイトボード)メーカー、日学3代目社長の吉田です。

ITツールが飛躍的に進歩する中、なぜか今もあなたの身の回りにも必ずある、黒板やホワイトボード。

考えや思い、ひらめきを、正しく伝え相手と共有する、真のコミュニケーションとは何か。

日学は「Face to Face ― 書けば伝わる、共感する。」をコーポレート・メッセージとして掲げ、人と人とが向かい合うとき、思いを伝えるのに最適なツールやソリューションを追求します。