黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

新卒社員、募集開始!

本日より、日学HP採用情報を大幅にリニューアルし、来年の春、卒業見込みの学生さんへの募集情報を公開しました。

採用情報
採用情報HPリンクはコチラから。

日学にとって久々の新卒採用です。

今回の採用活動スタートにあたっては、昨年4月に立ち上げた、社内タスクフォースである「人事制度改革ワーキング・グループ」で、「当社はどんな人材を採用し、どう育てたいのか。そして日学をどんな会社にしたいのか?」という命題を、とことん突き詰めて考えました。

その結果生まれたのが、まず日学は何を目指す会社なのかを示す、

Face to Face ― 書けば伝わる、共感する。

という新しいイメージ・フレーズです。

私たちが普段販売しているのは、「黒板」や「ホワイトボード」、「電子黒板」といった製品(モノ)です。

でも、お客様は別に「黒板」や「ホワイトボード」そのものが欲しいわけではなさそうです。

車やアクセサリーと違って、ホワイトボードで所有欲を満たす人って居そうにありませんし(笑)

だとすると、これらを使うことで期待される効果・効能は何でしょうか?

それは「書くことによってもたらされる、コミュニケーションの深化」、すなわち「話し言葉」だけでは伝えきれないことを、「文字や図柄」を書くことで、理解が飛躍的に深めたり、思いを共有したり、新しいアイデアが生みだされることではないか、と考えました。

そして、私たちがお客様に提供するのは、「人と人が直接会って、コミュニケーションするとき、『書く』ことでより深く伝わり、共感し、新しい何かが生み出されること」そのものだという結論に至ったわけです。

この軸をブレさせることなく、その時代時代に生み出されるツールやノウハウを使って、上記のようなお客様のニーズを満たすことが私たちの社会的使命です。

イメージ・フレーズだけでなく、「どんな人材を採って、どう育てたいか」という命題に対し、『社員育成のための基本方針』を定めました。

どうです、結構まじめな会社でしょ?(笑)

その他、「会社概要」には当社の「経営理念」と「行動指針」が示されていますし、「採用メッセージ」には新入社員に対する私の願いがこめられています。

この辺のことについては、いずれそのうち(^_^)v

当社の企業理念に共感し、会社や仲間とともに成長したいと願える若き人材を、心待ちにしています。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/08/03 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職