黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

黒板業界の市場規模について

hyumenzai.jpg

よく聞かれるのですが、黒板業界の規模ってどれくらい?

今までざっくり100億円弱ぐらいですかねー、と答えていたのですが、
この度、「全国黒板工業連盟」という業界団体が、調べてくれました!

ちなみに数字はあくまでも、製品の表面材(一般的には厚さ0.4mm
前後の鉄板)で、国内で流通する主要表面材メーカー3社の出荷
平米数の合計。

金額で把握するのは、やはり難しいようです。

平成25年の黒板表面材の国内出荷総量は、約19万平米。

ピンと来ないかもしれませんが、一般的に学校などで使われる
黒板の寸法は、縦1.2m×横3.6mですから、これに換算すると、
4万4千枚(!)に相当します。

新設と貼り替え(これはまたそのうちお話します)が混ざっているの
ですが、結構びっくりな数字。

一方、ホワイトボードの方は、一昨年、約40万平米出荷しています。
黒板との比率はだいたい2:1で、ホワイトボードの方が多いのです。

ちなみにホワイトボードは一般的に、黒板ほど大きなサイズはあまり
量が出ません。

オフィスの会議室などには、縦0.9m×横1.8m(たたみ1畳分)や、
縦0.9m×横1.2mくらいのサイズが良く使われます。

たたみ1畳分換算だと、約25万枚に相当するので、これまたびっくりな
数字です。

IT技術が進歩するなか、黒板やホワイトボードを、使って下さっている
お客様が、こんなにたくさんいらっしゃることに、あらためて感謝です。

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/02/05 ] 業界のおはなし | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職