黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

「日学・黒板アート甲子園®︎2020」開催概要を発表しました!

今年もこの季節がやってまいりました!

通算6回目となる「日学・黒板アート甲子園®︎2020」、スタートです。
甲子園2020

今年は東京オリンピック2020が開催される記念すべき年であることから、これまでの審査項目に加えて、「動画部門」を新設。

コンセプトは「⿊板アートを皆で描くのは楽しい。楽しい思い出を映像に残そう︕」

⿊板アートの描き始めから作品完成までを盛り込むことを前提条件として、オリジナリティあふれる「黒板アート動画」を応募してもらおうというもの。

PVとかのメイキング動画的なイメージが一番近いかもしれません。

公式HPでは参考事例として、Youtubeにアップされている、好⽂学園⼥⼦⾼等学校美術部の皆さんによる⿊板アート動画を掲載しています。


もちろん、これはあくまでも一例ですので、応募規定に則っていただければ、様々なアイデアを盛り込んでいただいてOK。

Youtubeで「黒板アート」と検索すると、様々な動画が出てきますので、これらも参考にしてみては?

また、大会サイトの刷新もおこない、黒板アート甲子園のメルマガなど新しいコンテンツを設けましたので、ぜひとも公式ページをご覧ください。

今年も数多くの力作に出会えることを、楽しみにしています!

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2020/02/05 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

nichigakushacho


こんにちは!

黒板・白板(ホワイトボード)メーカー、日学3代目社長の吉田です。

ITツールが飛躍的に進歩する中、なぜか今もあなたの身の回りにも必ずある、黒板やホワイトボード。

考えや思い、ひらめきを、正しく伝え相手と共有する、真のコミュニケーションとは何か。

日学は「Face to Face ― 書けば伝わる、共感する。」をコーポレート・メッセージとして掲げ、人と人とが向かい合うとき、思いを伝えるのに最適なツールやソリューションを追求します。