黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

映画「Fukushima 50」に美術協力させていただいています。

今年の3月初旬、すごい映画が公開されます。

その名も『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』
Fukushima50.jpg
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会

ご存知の方も多いと思いますが、東日本大震災に伴う福島第一原子力発電所事故発生時に、発電所に留まって対応業務に従事した約50名の作業員たちを、当時海外のメディアは「フクシマ50」と呼び、その献身的な働きを称賛しました。

暴走する原発と彼らの戦いを描いた、門田隆将氏のノンフィクション書籍『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』が原作となっています。


監督は若松節朗氏で、佐藤浩市氏と渡辺謙氏のダブル主演で描かれる社会派大作です。

◎映画『Fukushima 50』3.11福島第一原発で戦い続けた50人を描く、佐藤浩市&渡辺謙出演(fashionpress)

◎日本映画の歴史を変える超大作『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』200人の報道陣を前に佐藤浩市と渡辺謙が本作にかける覚悟を語った-クランクアップ記者会見!!(cinefil)

日学はこの『Fukushima 50(フクシマフィフティ)』に美術協力し、登場するほとんどのホワイトボード、電子黒板をご提供させていただきました。

映画の中では当社のホワイトボードが僕たちの代わりに映画に「出演」し、極限状態の中、情報伝達の手段として活躍してくれることでしょう。
F50宣材

公開は3月6日、乞うご期待!!


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2020/01/20 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

nichigakushacho


こんにちは!

黒板・白板(ホワイトボード)メーカー、日学3代目社長の吉田です。

ITツールが飛躍的に進歩する中、なぜか今もあなたの身の回りにも必ずある、黒板やホワイトボード。

考えや思い、ひらめきを、正しく伝え相手と共有する、真のコミュニケーションとは何か。

日学は「Face to Face ― 書けば伝わる、共感する。」をコーポレート・メッセージとして掲げ、人と人とが向かい合うとき、思いを伝えるのに最適なツールやソリューションを追求します。