黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

緊急告知!!TBSラジオ『森本毅郎 スタンバイ!』で紹介いただきます。

今週の3/18(月)から応募開始となった、「日学・黒板アート甲子園®︎2019」ですが、「首都圏で一番聴かれている朝の情報番組」と言われるラジオ報道番組、TBSラジオの『森本毅郎 スタンバイ!』で紹介していただくことになりました!!

mainimg_stand-by.jpg

取り上げられるのは、『現場にアタック』というコーナー。

取材を受けたのは、プレ大会から大会運営に携わっている当社の山田課長と期待の新人下村くんで、いろいろと掘り下げたご質問をたくさんいただいたようです。

放送は明日、3/21(木)のAM6:30~8:30。

どんな内容になるのか、とても楽しみです。

春分の日で学校やお仕事がお休みの方も多いと思いますが、ぜひ早起きしてラジオのスイッチをオンしてくだいね。


------2019年3月22日追記------

放送、リアルタイムで聴きました!!

たっぷり10分近く、なんと天下の富士フィルムさんと並んで紹介していただきました。

radikoなら、放送後1週間まで首都圏エリアの方は無料放送をお聴きいただけるそうです。

当社山田課長の、魅惑のバリトンボイスもお楽しみ頂けます(笑)

タイムフリーで聴く

便利な世の中になりましたね♪

また、番組HPにて写真付きで放送内容が紹介されています。

卒業シーズン!いま学校で流行る「黒板アート」

さらにさらに、番組をお聴きの皆さんに『黒板アート甲子園作品集~高校生たちの消えない想い』をプレゼント!!

815pyW4-fSL.jpg

詳細はコチラ

ご紹介いただいたTBSの皆さん、出演者の皆さん、そしてリスナーの皆さん、ありがとうございました。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2019/03/20 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)

ブラックジャック・セミナー

先日のとある日曜日、三男に付き添って地元の総合病院で小学校高学年向けに開かれた、『ブラックジャック・セミナー』というイベントに参加して来ました。

BJセミナー01

病院と医療品メーカーが主催するこのセミナー、腹腔鏡手術用の鉗子や、
BJセミナー02

超音波メスの使い方や、
BJセミナー03

超音波エコーや縫合の体験が出来る他、CTやMRIなど普段子供は目にすることのない検査機器の見学をさせてもらえます。
BJセミナー04

私も含めとても貴重な体験、見学の機会でした。
BJセミナー05

感じたのは初めて目にしたり、実際に手に触れる専門機器の数々に、目を輝かせる子供達の真剣な眼差し。

口々に「面白かったー」とつぶやく、終わった後の満足そうな顔。

お土産に頂いたのは、なんと実際のお医者さんが使う、本物の聴診器!!

三男君も大喜びでした。

そして最後に外科部長さんがご挨拶。

「今日のセミナーを受けて医者の仕事に興味を持ち、将来皆さんの中から、1人でも私達の仲間になってくれる子がいてくれたら嬉しいです」という言葉は、働き手不足の医師業界にあって、心の底からの願いでしょう。

外科医ほど珍しくないかもしれないけれど、大人達が仕事で当たり前に使っている道具の数々は、もしかしたら子供達にとってその将来を左右する程インパクトがあるのかもしれません。

翻って自分の会社のことを考えたとき、もしかしたら黒板やホワイトボードを、実際に作ってみたりする体験授業をやったら、意外に喜んでもらえるかもしれないな、と思います。

お土産に自分で作ったミニチュア黒板を持たせてあげたりして。

人材不足、採用難で苦しいのは当社も同じです。

こんなイベントを通じて、将来、日学で働いてみたい!!なんて子供たちが出てきたら、本当に嬉しいだろうな。

そんな想像が膨らんだ一日でした。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2019/03/04 ] プライベート | TB(-) | CM(0)
プロフィール

nichigakushacho


こんにちは!

黒板・白板(ホワイトボード)メーカー、日学3代目社長の吉田です。

ITツールが飛躍的に進歩する中、なぜか今もあなたの身の回りにも必ずある、黒板やホワイトボード。

考えや思い、ひらめきを、正しく伝え相手と共有する、真のコミュニケーションとは何か。

日学は「Face to Face ― 書けば伝わる、共感する。」をコーポレート・メッセージとして掲げ、人と人とが向かい合うとき、思いを伝えるのに最適なツールやソリューションを追求します。