黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します
月別アーカイブ  [ 2018年04月 ] 

ホワイトボードアートも募集中

現在、絶賛作品募集中の日学・黒板アート甲子園®︎ですが、実は今回、特別企画としてホワイトボードアートも募集しているんです。
DSC_2249.jpg

黒板アート部門は、中高生が対象ですが、こちらホワイトボードアート部門は年齢不問。
DSC_2254.jpg

大学生でも、社会人でも、はたまた未就学児のお子様でも応募可能。

なぜ今回このような企画を設けたかというと、「黒板アート」というジャンルが確立されつつある一方、当社のもう一つの主力商品であるホワイトボードにも、そのような可能性があるのではないか、という仮説にもとづき、実験的に募集してみよう、という趣旨。

ぶっちゃけて言うと、今回は素材集めと可能性探しの、プレイベント的な位置付け。

したがって今回は今のところ表彰とか、賞品とかは考えていないです。

もちろん応募作品はすべて日学・黒板アート甲子園®︎の特設ページでご紹介する予定です。

ただ、あまり大きな声で申し上げられないのですが、実は現時点ですんごい作品が来ちゃってます(笑)

なので、もしかしたら奮発して何か賞とかあげちゃうかもしれません(笑)

まあ、いずれにしても乞うご期待。

ちなみに↓は今年の当社の新卒社員入社式にあたって、入社3年目の若手女子社員が会場のホワイトボードに書いてくれた当社の「創業者訓」「経営理念」「行動指針」。
IMG_8671.jpg

今年は桜の花びらで可愛らしく飾ってくれました。

新人を温かく迎える気持ちが伝わってきます。

黒板アートやホワイトボードアートは、絵画だけでなく言葉や文字でも全然OK。

伝えたい想いや気持ちが、ボードを通してどれだけ伝わってくるかが大切だと思っています。

募集締め切りの4月9日まであとわずか、まだまだたくさんの「想い」が込められた作品が集まることを期待しています。

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2018/04/04 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

nichigakushacho


こんにちは!

黒板・白板メーカー、
日学・三代目社長の吉田です。

ITツールが飛躍的に進歩する中、
なぜか今もあなたの身の回りにも
必ずある黒板やホワイトボード。

パッと書いてサッと消せる。
アナログならではの持ち味が、
そこにはあります。

考えや思い、ひらめきを、
正しく伝え相手と共有する、真の
コミュニケーションを追求して。

「Face to Face ―
  書けば伝わる、共感する。」

日学は人と人とが向かい合う時、
想いを伝えるのに最適なツールや
ソリューションを提供します。