黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します
月別アーカイブ  [ 2016年03月 ] 

日学の経営理念について(経営理念編)

「日学の経営理念について」の第二弾は「経営理念」編です。

経営理念と行動指針-経営理念編

「経営理念」は当社の社会的存在価値、言いかえれば「日学って何のために存在するの?」という、きわめて根源的な概念です。

会社経営の「根幹をなす部分」であり、「不易(時代を通じて変わらないこと)なるもの」として、1999年9月に制定されました。

私たち日学は、何か壁にぶつかって判断に迷う時、必ず原点たるこの「経営理念」に立ち返り、これから下す決断が「経営理念」に反していないか、自問自答しながら進んでいくのです。

さて、日学の「経営理念」は、3つの考え方で成り立っています。


1. 当社は社員の幸福を追求します。

当社のとっても特徴的な、そして日学の社風を表しているのがこの部分です。

先にも述べたように、経営理念は「日学は何のために存在するの?」ということですから、その一丁目一番地に「社員の幸福」がブチ上げられていることになります。

裏を返せば、「日学は社長をはじめとする、経営幹部やオーナー一族のためにあるのではない」、ときっぱり述べているのです。

一般的に「会社は誰のもの?」という問いかけに対しては、色んな議論があり、非常に難しい問題ですが、当社の場合はハッキリ「株主のもの」と言い切って良いと思っています。

なぜなら、「会社は何のためにあるの?」の答えが、明確に「社員ため」と定義されているからです。

「所有」と「目的」は別次元の問題です。

日学の株主は身銭(みぜに)を切って、会社に資本を提供する者(=所有者)ではありますが、その目的は「社員の幸福」と後に述べる「社会貢献」にあり、その見返りとして、業績が良い時には配当が得られる。

この枠組みに賛同できないのであれば、日学の株主になるのはやめておいた方が良いということです。

こんなことは上場企業ではないから、許されるでしょうね。

ともあれ、「社員の幸福」をまず優先する。

これが日学という会社の大きな特性です。


2. 社会にとって価値ある製品とサービスを開発・提供します。

この部分は会社の存在意義・価値を、どのようにして実現するかが触れられています。

「社会にとって」というひと言には、「価値があるかないか」を判断するのは、あくまでも社会(お客様)であり、お客様目線で考える姿勢がこめられています。

また、「価値ある製品とサービス」にはモノづくり・モノ売りだけではなく、コト売り(ソリューション)も含まれることを示しています。

そして、「開発・提供します」には、メーカーとしての矜持、すなわち「自ら企画・開発するんだ!」という決意を表わしています。


3. 項目1.及び2.を実現することで、世界の平和と進歩発展に貢献します。

最後に思いっきり大上段に振りかぶりましたね(笑)

「地域社会すっ飛ばして、いきなり世界かよ」と突っ込まれそうですが(笑)、いいんです、あくまでも「最終目的」ですから。

ここでは「平和」や「進歩発展」を謳う以上、それに資する製品やサービスを売っていきます、つまり武器だとか麻薬だとかいった反社会的商品は扱わないという縛りをかけています。

そして、何より会社が最後に目指すのは「社会のお役に立つ」ことにある、という点が一番重要なことでしょう。

私たちが平和な暮らしを享受できるのは、私たちを取り巻く社会、最小単位では「家族」、そこから学校や会社など、自分の所属する組織、そして「地域」「国」「世界」とだんだん大きくなっていきますが、様々な形の「社会」に支えられているからです。

社会とは相互依存の関係で成り立っていて、支えられている一方で誰かを支え、恩恵を受けたらその恩返しをしなければならない。

会社も社会の一員として、「社会のお役に立」たなければなりません。

そのことを「経営理念」の中で宣言していると言ってもいいでしょう。



尚、人々の「働き方」や「価値観」が多様化する中、当社にとっての「社員」とは誰なのか、また「社員の幸福」とは何なのか、といった命題について、先般再定義しましたので、最後に付け加えたいと思います。

日学の経営理念における「社員」とは・・・

「役員・正社員・非正規社員に関わらず、会社の経営理念や方針を正しく理解し、各々の与えられた職務に対し、全力で一生懸命取り組む人」


会社が追求していく「社員の幸福」とは・・・

① 経済基盤が安定し、将来的な生活設計が立てられること。
② 仕事を愛し、誇りとやりがいをもって取り組み、その過程で自分自身が成長できること。
③ 取り組んだ仕事に対し、公平・公正な評価がなされ、適切な処遇を受けること。
④ 仕事を通じて社会に貢献し、またその喜びを実感できること。
⑤ 心身共に健康で安全な職場環境であること。


気が付いたら、ものすごい長文になってしまいました(^^ゞ

駄文・乱文に最後まで付き合っていただいたあなた!!

日学のこと、すこーしわかって頂けたでしょうか?

何よりも、ここまで読んでいただいたこと、心から感謝します。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/03/25 ] お仕事 | TB(-) | CM(1)