黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

わが家に新しい家族!!

少し前になりますが、この秋、わが家に新しい家族が加わりました!!

ジャーン、サファイアブルー・ハムスターの【ムース】君(♂)です。
ムース_1

名前の由来はペットショップでお尻を向けて寝ていた姿が、整髪料の「ヘア・ムース」の泡みたいにちっちゃくて、丸っこかったからです。

決して「ハムスター」の中2文字「ムス」が伸びてムースになったわけではありませんよ(笑)

写真だとでっかく見えますが、三男(小学2年生)のてのひらの上ですので、実際の体長は8センチくらいですかね。

丸くなるとゴルフボールよりちょっと大きいくらい。

サファイアブルー・ハムスターは、有名なジャンガリアンの毛色違いの品種らしいです。

品種の習性なのか、子どもだからなのか、まだ慣れていないからなのか、けっこうおバカな子でかわいい(笑)

ちゃんと巣があるにもかかわらず、こんなところで寝てます。

トンネルで寝る(表)

どこで寝てるのか、わかりにくいかもしれませんね。

このケージはちょっと形が変わっていて、中で2階建てになっているのですが、1階から2階への階段代わりのトンネルが、いったんケージから出て、ぐるっと外側を回り、2階部分からまたケージの中に入っていく、という形状なのです。

ヤツはその外側に出たトンネルの中で寝る(笑)

透明なトンネルなので、下からも丸見えです(ピンボケですが)。

トンネルで寝る(裏)

手足が肌色で、可愛い

トンネルには穴が空いているので、フンをするとその穴から、こぼれるこぼれる(笑)

また、手から直接エサをやると、指までエサだと思って齧ります。

エサでないことに気付いて、「しまった!噛んじゃった…」という顔をしますが、次もまたエサと間違えて齧ります(笑)

攻撃するつもりで、本気噛みしているわけではないので、そんなに痛くないけど。

まあ、「馬鹿な子ほど可愛い」ってことでもないですが、家族みんなから愛されてます♪

ハムスターを飼うのは2回目。

最初の子は今は高校生の長男と次男が、まだ小学生の頃。

ふた回りくらい大きい、ゴールデン・ハムスターでした。

ゴールデンの子の方が、ちょっと賢かったかな?

ケージから逃げ出して、家じゅうを探し、洗濯機の裏で発見、連れ出すのに苦労したこともありました。

癌に冒されて死んでしまった時は、ふたりともメソメソ泣いて、庭にお墓を作ってたっけ。

犬や猫とは違って、長くても3年くらいのお付き合いなのですが、ムース君もせっかくわが家に来たのだから、大切に可愛がって長生きさせてあげたいと思います。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/10/28 ] プライベート | TB(-) | CM(0)

来年度新卒者、内定式

10月1日、まだあまり馴染まないスーツに身を包んだ、若く可愛らしい女性が二人、日学にやってきました。

彼女たちは、来年の春大学を卒業予定で、当社の採用が内定した学生さんで、この日は内定式。

2010年末に社長に就任した、私にとって初めて迎える新卒採用。

この日は何だか、朝からソワソワしてしまいました(*_*)

内定式は、まず私からの挨拶、内定書の授与、両常務からの挨拶、内定者の自己紹介といったセレモニー。

内定書授与1

そしてお二人も興味津々の「日学・黒板アート甲子園」のメディアでの取り上げ状況を説明しながら、ニュースSMAP×SMAPの録画ビデオを見てもらいました。

ただし、事前準備の段取りが悪く、映像を披露するまでに少し手間取ってしまいました。

やはり、会社の紹介も兼ねるわけだから、それなりの紹介ビデオは作っておかなければ、と反省(´・ω・`;)

その後、懇親を兼ねた昼食会で和やかな時間を過ごした後、私は別件の所用のため退席。

お二人には入社までの手続きなどの説明、懇話会などで、夕方まで残って頂きました。

実質的な拘束?!(笑)

最後に会議室で記念撮影をパチリ

内定式集合

まだ、入社前の学生さんなのでお顔は伏せさせてもらいます。

長時間、お疲れ様でした。



いやーそれにしても、若さっていいですね。

まっさらというか、擦れていないっていうか。

(いやいや当社のベテランさんが、擦れているってわけではありませんよ!(汗))

息子ぐらい歳が離れていますので、価値観がかなり違うのでしょうが、それがまた社内に新しい風を吹き込んでくれる予感。

社会人として、また日学の社員として、0(ゼロ)から教育しなければならないのですが、それ自体が楽しく、逆にこちらが学ぶことも多いのではないかと期待させられます。

また、彼女たちにがこれからの人生でどんなキャリアを経ていくのかは未知ですが、新卒として入社できるのは1社だけ。

私も経験がありますが、その1社目でどんなことを学び、どんな経験が得られるかで、その後の社会人としての方向性がかなり決まってしまうように思います。

そして今、その責任の重さをひしひしと感じています。

なお蛇足ながら・・・今回は女性二人の採用となりましたが、これは「当社にぜひ来て頂きたい!」と考えた二人が、たまたま女性だっただけで、面接者全員の総意ですので、決して社長の独断と好みではありませんよ!(笑)

…あ、強調すればする程、自分を追い込んでるような気がしてきた

まあ、いいか♪


彼女たちが入社してくるのは来年の4月。

無事、学校を卒業し、元気にその日を迎えるられることを祈りつつ、こちらは受け入れ態勢を万全に整えていきたいと思います。

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/10/21 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

アイデア・スキャナー「美撮る(ビートル)」受注開始。

ボードに書いた文字や絵を、カラーでプリントしたりデータとして保存できるホワイトボードとして、電子黒板(コピーボード)というものがあります。

Lfw-74T.jpg
電子黒板プランテージ(LFW-74T)

意外とご存知ない方も多く、実物を見て使ってみると、「えーっ、こんな便利なものが出たんですか?!」などと驚かれることがあります。

いやいや、世に出されてから、かれこれ20年以上経ちますから・・・(笑)

当初は感熱記録紙にモノクロで印字するものが主流でしたが、最近はカラープリントが当たり前、USBメモリーやLANケーブルを通じての、画像データでの記録・保存が出来るものも販売されています。

そして日学は現在、おそらく世界で唯一「電子黒板を自社開発・製造する黒板メーカー」なのです。

そして今般、従来の「プランテージ」シリーズに加え、美撮る(ビートル)という新しいラインナップが登場しました。
美撮る-モデル

コンセプトは「360度、どこから見ても美しい。」

高級感のあるメタリック仕上げのフレームと鏡面仕上げのスタンド。

当社も含め従来機種は、裏面は「見せないもの」、いわばバックヤード的な作りだったのですが、「美撮る(ビートル)」は「スペースを仕切る」という使い方も想定し、裏から見ても美しいバックシャン。

そして美しいのは外見だけではありません。

当社従来品が4色カラー(機械が読み取った色を黒・赤・青・緑に分けて出力)だったのに対し、「美撮る(ビートル)」はフルカラー。

解像度も当社従来品の4倍と、さらに高精細に進化し、スキャンしたものを美しく印刷・保存することが出来ます。

そして、この「美撮る(ビートル)」が、お客様に提供する価値は何か?

それは「溢れ出るアイデア」は、マーカーでホワイトボードに書かれるだけでなく、メモ紙やレポート用紙にも書かれること。

それらをホワイトボードにペタペタ貼り付けて、一発スキャンするだけで、その場の臨場感も含めて「キャプチャ」し、「保存」し、「共有」できることだと考えています。

ブレーン・ストーミングやKJ法など、アイデア出しやデータ出しと、その整理を頻繁に行うシーン等に最適です。

お問い合わせは、こちらまで。

日学株式会社
〒140-0014 東京都品川区大井1-49-15アクセス大井町ビル5F
フリーダイヤル:0120-980-178


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/10/01 ] 製品 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職