黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

オススメ商品のご紹介~壁面ホワイトボード・SMW~

毎日残暑が厳しいですね!

あまりの暑さにかまけて、しばらくブログの更新をサボってしまいました(汗)

さて今回は当社が今、一番販売に力を入れている商品をご紹介したいと思います。

その名も「超薄型壁面ホワイトボード(SMW)」。

smw-01.jpg

SMW」は「Slim Magnet Whiteboard」の頭文字を取ったらしいです。

smw-00.gif

私はもっと読んで字のごとくのような、「白壁(しらかべ)書けるんです」とか、「壁まるごとホワイトボード」とかみたいな、小林製薬さん的な商品名が好きなのですが、私にはネーミングのセンスが無いのか却下されました(笑)

もうお分かりだと思いますが、壁一面を、書いて・消して・マグネットもくっつく、ホワイトボードにしてしまうという商品です。

一面と書きましたが、2面でもイケます(笑)
P1000047.jpg
少し見づらい写真ですが、コンセントやスイッチボックスがあっても、その部分だけ切欠いて設置することもできます。

もちろん、一面じゃなくて、一部分だけホワイトボードにしても美しい…!!
DSCF1427.jpg

一般的に思い浮かべるような、工場で作ったホワイトボードを、壁に設置するのではなく、材料をお客様のところに持ち込んで、下地加工⇒表面材貼り付け⇒フレーム取り付けの作業を現地で行います。

詳しくは製品紹介ページをご覧ください。

数年前から販売しているのですが、ここ2年ほどで爆発的に売れるようになりました。

壁一面をホワイトボードにしてしまう、という商品は、他社さんにもあります。

3Mさんの「3Mホワイトボードフィルム」は、スチールパーティションなどの平坦な鋼板の上に貼る、ホワイトボード・シートです。

また、壁に直接、ホワイトボード塗料を塗りこむ、「アイデア・ペイント」(アイデアプラス株式会社)のような物もありますね。

アイデア・ペイントは、下地が鉄板じゃないと磁石は付かないようですが、内田洋行さんの「Y-gaya!Wall」は、塗料自体に鉄粉が入っていて、下地が普通のコンクリートや石膏ボード、木材でも、マグネットがくっつくホワイトボードに仕上がるようです。

お客様が設置したい環境や用途など、ご希望に合わせて、選択の幅は結構あります。

では、当社のSMWは何が売りなのか?

それは「普通のホワイトボードと何も変わらずに使えること」かなー、と思っています。

SMWの表面材は、当社が一般的なホワイトボードに使用している、アルミメッキホーロー処理をされた薄板鋼板です。

筆記消去性は折り紙つき、マグネットもネオジム磁石やマグネットバーじゃなくてもばっちりくっつきます。

表面硬度がフィルムタイプや塗料タイプと比べて段違いに固いので、うっかり何かの備品をコツンとぶつけてしまっても、多少のことではキズが付かず、筆記消去耐久性に関しては、通常使用なら6年間の保証付き!!

そして、いつも考えるのは「お客様は何のために壁全体をホワイトボードにしたいと要望されるのか?」ということ。

おそらく、パッと思いついたアイデアを、これまで話してきた会話の整理を、今すぐこの場で共有するために書きつけ、そしてそれをスペースが許す限り広げていきたいのではないかと思います。

湧き出るアイデアの発露を止めない。

そのとき要求されるのは、いかにストレスなく「書き」「消し」できるか、ではないかと考えます。

書けないマーカー、消えないホワイトボードってイラッとしますからね。

当社のSMWはこれまで使っていたニチガクのホワイトボードと、何ら変わりなく使っていただける、それが強みのひとつかな、と思います。

もちろん、光り輝く仕上がりの美しさ、プロジェクター映写兼用面材のご用意、メンテナンスの容易性など、他にも特長はあるのですが、黒板・ホワイトボードメーカーとしては、このような「プリミティブな」性能をとことん追求すべきと考えています。

この記事をお読みいただいて、SMWにご興味が湧きましたら、いつでもご遠慮なくニチガクへお問い合わせ下さい。

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/08/20 ] 製品 | TB(-) | CM(0)

新卒社員、募集開始!

本日より、日学HP採用情報を大幅にリニューアルし、来年の春、卒業見込みの学生さんへの募集情報を公開しました。

採用情報
採用情報HPリンクはコチラから。

日学にとって久々の新卒採用です。

今回の採用活動スタートにあたっては、昨年4月に立ち上げた、社内タスクフォースである「人事制度改革ワーキング・グループ」で、「当社はどんな人材を採用し、どう育てたいのか。そして日学をどんな会社にしたいのか?」という命題を、とことん突き詰めて考えました。

その結果生まれたのが、まず日学は何を目指す会社なのかを示す、

Face to Face ― 書けば伝わる、共感する。

という新しいイメージ・フレーズです。

私たちが普段販売しているのは、「黒板」や「ホワイトボード」、「電子黒板」といった製品(モノ)です。

でも、お客様は別に「黒板」や「ホワイトボード」そのものが欲しいわけではなさそうです。

車やアクセサリーと違って、ホワイトボードで所有欲を満たす人って居そうにありませんし(笑)

だとすると、これらを使うことで期待される効果・効能は何でしょうか?

それは「書くことによってもたらされる、コミュニケーションの深化」、すなわち「話し言葉」だけでは伝えきれないことを、「文字や図柄」を書くことで、理解が飛躍的に深めたり、思いを共有したり、新しいアイデアが生みだされることではないか、と考えました。

そして、私たちがお客様に提供するのは、「人と人が直接会って、コミュニケーションするとき、『書く』ことでより深く伝わり、共感し、新しい何かが生み出されること」そのものだという結論に至ったわけです。

この軸をブレさせることなく、その時代時代に生み出されるツールやノウハウを使って、上記のようなお客様のニーズを満たすことが私たちの社会的使命です。

イメージ・フレーズだけでなく、「どんな人材を採って、どう育てたいか」という命題に対し、『社員育成のための基本方針』を定めました。

どうです、結構まじめな会社でしょ?(笑)

その他、「会社概要」には当社の「経営理念」と「行動指針」が示されていますし、「採用メッセージ」には新入社員に対する私の願いがこめられています。

この辺のことについては、いずれそのうち(^_^)v

当社の企業理念に共感し、会社や仲間とともに成長したいと願える若き人材を、心待ちにしています。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/08/03 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)