黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

黒板の落下事故について

少し前の話ですが、平塚市の小学校で、黒板が落下するという事故が発生しました。

「小学校で黒板落下、児童軽いけが 神奈川・平塚」(朝日新聞デジタルの記事)

まずは被害に遭われた学校と、ケガをされた生徒さんにお見舞い申し上げます。

子供たちが普段通う学校の備品、しかも黒板のような大きく重量のあるものが、生徒さんを傷つけるということは、本来あってはならないことです。

黒板業界は本件について、猛省するとともに、再発防止に向けて確実な対策を打ち出さなければならないと思います。

今回事故を起こした黒板は、当社の製造・施工によるものではありませんでしたが、ここでは、日学がいち黒板メーカーとして、本件をどのように考え、対処していく方針かを述べたいと思います。

その前に、ちょっと回りくどいのですが、黒板の形態についてご説明します。

まず、学校に据え付けられる黒板には大きく分けて「固定式」と、「可動式」の二種類があります。

固定式は壁に直接取り付けられ、ボード自体は固定されて動かないもの(↓)。

21-19曲面背景あり

平面タイプ曲面タイプがあり、サイズは横3.6m・縦1.2mが一般的です。

中学校以上の普通教室に多く取り付けられています。

可動式で最もよく目にするのは、「EVスライダー黒板」「UD(UP/DOWUN)黒板」と呼ばれる、1枚の平面や曲面黒板が、上下にスライドするもの(↓)。

EVスライダー黒板

教師と生徒に伸長差のある、小学校の普通教室に多く取り付けられています。

可動式で次によく目にするのは、「上下式黒板」とか「上下引き違い黒板」と呼ばれる、2枚の平面黒板が左右の滑車によって吊り下げられたもの(↓)で、今回の事故はこのタイプで発生しました。

上下式黒板

音楽室や理科室・家庭科室など、主に特別教室で使用されます。

また幅が5mを越える大型タイプが、大学の講義室などでよく採用されています。

その他、2枚の小型黒板が左右にスライドして、その奥からスクリーンなどが現れる「引分け黒板」(↓)も可動式にあたります。

引分式黒板

当社製の黒板の表面は、アルミメッキホーローや、スチール塗装などいくつかタイプがありますが、通常使用であれば3年は書き消しに支障が出ることはありません。

ホーロー製に至っては5年以上、下手をすると10年・20年も使い続けられるお客様もいらっしゃいます。

…ところが、ここが問題で、「黒板はメンテナンス・フリー」と思い込まれる方がたくさん出てきてしまうのですが、決してそうではありません。

残念ながら黒板業界は当社も含め、この点についてのお客様への説明と、きめ細やかなアフターフォローが、不十分だったと反省すべきだと思います。

つまり、黒板もクルマ同様、「定期的な点検・メンテナンスと部品交換が必要」です!!

表面材料はとても長持ちするのですが、それを取り囲む様々なパーツには寿命があります。

例えば角の部分を保護するコーナーパーツや、粉受け(チョーク置き)部分のエンドパーツは樹脂製ですから、経年劣化で割れることがあります。

古い学校にお邪魔すると、ここが破損しているものを見かけることは、よくあります。

また先に述べた「黒板の種類」のうち、特に「可動式」の黒板は内部にワイヤーやチェーン、スプリング、回転ギア、ブレーキ装置など、外側からは見えない機械部品が多く使われ、これらの部品も摩耗や経年劣化します。

さらに可動することにより、壁との固定部分に衝撃や負担がかかり、きちんと施工されていない製品は、今回の事故のように長年にわたる疲労が原因で、突然脱落することもあり得るわけです。

今回、事故を起こした製品は、幸いにして当社製ではありませんでしたが、どこの黒板屋さんが作ったとしても、点検やメンテナンスが行き届かなければ、割れたパーツで、または保護パーツが取れたむき出しのアルミフレームで、生徒さんが怪我をすることは十分あり得ます。

当社では現在、製品に対する保証に加え、定期点検メンテナンス保証をセットにした、「こくばん安心保障・定期診断パック」を、お勧めしています。

一定の条件(数量や購入総額など)を満たした納入製品なら、契約料は何と無料!!

クリックしてチラシを表示>
こくばん・あんしん保障チラシ

「こくばん安心保障」契約を結んでいただいたお客様は、保証期間内の修理はもちろん、点検サービス料は無料です(製品の保証期間後の、修理や部品交換は有償)。

加えて、今回の脱落事故を受けて、当社製・他社製に関わらず、すでに設置された黒板・ホワイトボード・掲示板等の、安全点検を受け付けます。

まずは、今ある黒板の状況がどんな状態なのか。

プロの目で点検することで、いち早く現状を把握し、速やかに適切な措置を講じること、これが第一歩でしょう。

子供たちの安全な学習環境のために、最寄りの日学の支店・営業所にお問い合わせください。

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/04/30 ] 業界のおはなし | TB(-) | CM(0)

ご覧ください!すばらしい発想力と表現力!!(その3)

ここのところ、ゆっくりPCの前に座る時間がなくて、更新の間が空いてしまいました。

しかたがないので、ちょっと重いですがノートPCを持ち出して、新幹線の中で書いてます。

結果発表から1か月近くも経って今さら…、と怒られそうですが、めげずに(その2)に続いて「日学・黒板アート甲子園プレ大会」の入賞作品をご紹介したいと思います。

今回は「日学特別賞」を受賞した3作品を一挙にご紹介。

この賞は「日学」と付けさせていただくだけあって、社長である私の好みが、かなり入ってます。

もちろん他の審査員の先生方の評価も高いのですが、最優秀賞・優秀賞を除く、入賞候補作品8点のうち、特に当社の企業イメージやコンセプトに合うものをチョイスさせて頂きました。

まずは千葉県立松戸高等学校・芸術科9期生有志の皆さんの作品。11人がかりで描いてくれました。

(すべての入賞作品は「プレ大会公式サイト」からご覧いただけます。)
千葉県立松戸高等学校・芸術科9期生有志

制作エピソードは次の通り。

「テーマは『祈り』です。芸術科9期生はそれぞれ個性的で我が強く共同制作にあたり不安でしたが、それを逆に生かせればと思い、各々の得意分野を盛り込んだ構成にしました。完成後、いつも厳しい担任から初めて100点満点の評価をもらうことができました」

芸術科の生徒さんだけあってレベルが高いです。

構図や配色のバランスが高評価であったことは【審査評】に譲りますが、私が何より感じたのは富士山や東京タワーが象徴している「日本」という国への「祈り」です。

何を祈っているのかは、観る人がそれぞれに感じれば良いのでしょうが、私は一人の大人として、また企業人として、将来の日本を担う、若い彼らのために、その「祈り~願いや希望」を叶える手助けに何が出来るのか、考えさせられた作品でした。



お次は、茨城県立水戸桜ノ牧高等学校・2年7組のお二人。

茨城県立水戸桜ノ牧高等学校・2年7組

制作エピソードは「日本文化とともにあり続ける富士山。この美しい富士山を黒板いっぱいに描き上げました。全体的なバランスと画面へのおさめ方がとても難しく感じましたが、このような絵はあまり描く機会がないのでとても新鮮に感じました」

富士山好きなんですよねー、私(笑)

一昨年の夏は、上の子供二人(当時、高1と中2)を連れて、富士登山にもチャレンジしたものです。

さて、この作品は白いチョークだけで描かれた、シンプルなモノクロ作品。

にもかかわらず、冠雪の冷気、富士山の荘厳さとそれに対する畏敬の念が伝わってきて、一目見て気に入りました。

額に入れて部屋に飾りたくなるような作品です。



日学特別賞・最後の一つは長崎県立佐世保西高等学校・美術部の皆さん(9名)。

長崎県立佐世保西高等学校・美術部

制作エピソードです。

「卒業される3年生全員へのお祝いの気持ちと、今までお世話になったことへの感謝の気持ちを込めて黒板アートを制作しました。200人を越える先輩全員に送った作品は、6クラスそれぞれの担任の先生と学年主任を描きました。そして、描いた先生方から一言ずつメッセージを書いていただいて完成しました」

これはもう「黒板アート甲子園」のコンセプトにどんぴしゃり!!な作品。

先生方の肖像を、チョークで描く画力はもちろんですが、その表情が生き生きとしていて、たぶんそれぞれの教師の特長を一番とらえた表情やポーズのカットなんだろうな、等など想像が掻き立てられます。

絵だけでなく、文字で気持ちを伝えているのもポイント。

黒板アート甲子園は単なる絵画コンテストではなく、「黒板」というキャンバスに、様々な工夫を凝らして、気持ち思いを伝えるアート・コンテストですから、文字も全然アリ!なんです。

「文字の部分は、先生の手が入ってるじゃん!(怒)」というご指摘もあろうかと思いますが(実際、審査会では議論になりました)、作品の性格上、ここが直筆じゃなかったら…卒業生の感動は3割引ですよねぇ…。

「今回はプレ大会だし、まあいいじゃん!(笑)」ということで押し込み、日学特別賞入りです!

受賞された各校・各グループには表彰状と、学校さん宛てに「日学製スタンド式ホワイトボード(片面)」をお贈りします。

日学特別賞・賞品


皆さん、おめでとうございました。

これからも素晴らしい黒板アート作品を描き続け、来年はぜひとも最優秀賞を狙って下さいね♪

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/04/24 ] イベント | TB(-) | CM(0)

行ってきました、高知(表彰編)

高知出張後も、バタバタと出ずっぱりの日々が続き、更新が遅れましたが、お待たせしました(誰も待ってないか…)観光編に続き、表彰編です!!

高知城を後にした私と山田係長は、一路、高知県立高知西高等学校に向かいました。

もちろん、日学・黒板アート甲子園プレ大会で見事、最優秀賞に輝いた「かさぶたず」さんに表彰状と賞品をお届けするためです!

当日は同校の入学式でもあり、校門前には記念撮影をする、新・高校一年生とそのご両親が、夕方にもかかわらず、まだわんさかいらっしゃいました。

初々しくていいですねー。

受付を済ませていよいよ、「かさぶたず」のお二人と、校長室でご対面です。

二人とも県内の大学に進学された、可愛らしい新・女子大生!

おじさん二人(私と山田ね)は、それだけで盛り上がってます(笑)

校長先生・美術の先生とご挨拶を済ませ、アーティストのお二人に色々お話を伺いました。

お二人はこれまでも、ことあるごとに黒板アートを制作され、学校のイベントで披露していたそうです。

今回、黒板アート甲子園のことは、他のお友達が「こんなコンテストがあるから応募してみたら!?」という奨めがあって、応募されたとのこと。

そのお友達に感謝ですね♪

最優秀賞に輝いた作品は、美術室の黒板に、二人がかりで2日間かけて制作されました。

絵の中に登場する、さまざまな部活に取り組む少年少女たちは、モデルとなる人物がいるそうで、「これは○○ちゃんだよね」「□□君が『ハンドボール部が描かれて無い!』って残念がってたぞ」等々、先生方とも盛り上がっていました。

お話をお聞きした後、副校長先生、教頭先生、担任の先生、学年主任の先生もお見えになり、大勢の前で表彰式(↓)です。
高知西高校表彰式

ちょっと緊張しました(^_^;)

皆さんで記念撮影(↓)。
高知県立西高校の皆さん

たくさんの皆さんにお集まりいただき、感動です。

ありがとうございました。

校長先生は、生徒さんたちが黒板アート甲子園に応募されたことを、ご存知なかったそうですが、思わぬ受賞を大変喜んでくださいました。

次回の本大会も、西高校さんからのご応募をお待ちしています<(_ _)>

ふたり合わせて10万円分(!)の旅行券は、最優秀作品の絵が印刷されたカードタイプ。
「かさぶたず」のお二人と賞品

使い終わっても記念になりますね♪

「10万!?すごいなぁ!!」どよめく先生方や、「どこ行こう!?」と盛り上がっているふたりを見ているだけで、こちらも嬉しくなってしまいました。

素晴らしい作品を描き上げ、応募してくれたお二人に改めて「ありがとう」。

充実した大学生活を送ってくださいね。

楽しいひとときはあっという間に過ぎ去って、とんぼ返りの東京行きの飛行機の時間が迫っていました。

皆さんにおいとまを告げて、高知龍馬空港へ。

タクシーの中で、山田係長としみじみ語り合いました。

中身はザックリ言うとこんな感じ。

山田「皆さん、めっちゃ喜んでましたねー」

吉田「うん、こっちにも喜びが伝わって、思わずウルウルしちゃったよ。表彰のためだけの高知出張だったけど、その価値は十分あったな」

山田「黒板アート甲子園、やって良かったッスね」

吉田「本大会はもっと盛り上げなきゃな」

山田「ハイ、頑張ります!」

その後高知空港で、ご苦労さんの盃を酌み交わして、帰路に着きましたとさ。

山田係長、お疲れ様でした。



↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/04/14 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)

行ってきました、高知(観光編)

新年度の初っ端から中国に出張してきた吉田ですが、お次は高知に出張です。

しかも日帰り…もったいない(泣)

目的は――― そう!!

日学・黒板アート甲子園プレ大会で、みごと最優秀賞に輝いた、高知県立高知西高等学校の「かさぶたず」さんに表彰状と賞品をお届けすることです!

当日は同校の入学式の日でもあるため、校長先生のお時間が取れるのが夕方になってからとのこと。

ならば、早めに高知入りして半日だけでも高知を満喫しようぜ!!ということになりました。

同行してもらったのは、黒板アート甲子園担当の山田係長(経営戦略推進室)。

高知空港到着後、まずは、市内の「はりまや橋」の近くにある土佐料理店「司」さんで腹ごしらえ。

注文したのは「週替わり定食・鰹のたたき付」(↓)
土佐料理

鰹のたたきは薄くスライスしたニンニクを添えて、酢醤油でいただきます。

口の中に入れた瞬間、藁焼きの香ばしい風味が広がります。

厚めに切ってあるにも関わらず、固すぎず柔らかすぎず、適度な歯ごたえ。

まいう~(笑)

鰹コロッケや鰹のすり身のフライ、小鉢やみそ汁もついて納得の1,180円。

お次は桂浜に向かいます。

途中にあった、長宗我部元親の銅像(↓)、ポージングがカッコいいです。
長宗我部元親

坂本龍馬記念館をのぞいたあと、桂浜へ。
嬉しそうにカメラを構えているのが山田君です(^^)
桂浜

急に高波が押し寄せることがあるらしく、柵より海側には入れません。

坂本龍馬像(↓)、デカいです(笑)
桂浜・坂本龍馬像

その後、高知城(↓)へ。
高知城

立派な天守閣は何度か改修は施されているものの、基本的には江戸時代に起きた火事で再建されて以来、そのままの姿で残っている、現存12天守のひとつだそうです。

市内でも最も高い場所に建てられており、最上層からは市内が一望できる見晴らしの良さ。

あ、城だから当たり前か。

さて、かなり駆け足でしたが、そろそろいい時間になってきたので、観光編はこの辺りでおしまい。

(表彰編に続く)


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/04/09 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

上海の桜

当業界の最繁忙期である年度末は過ぎましたが、社長はなんだか今ごろになって大忙しです。

まず、月初は中国・上海に出張。

昨年、当グループ中国現地法人の厦門日学文教用品有限公司が納入した、市内某大学のホワイトボード設置大型案件のフォローアップです。

中国国内での学校向け白板の販売・納入(しかも上下式白板をメインに大量に!)は、日学グループでも初めての経験だったのですが、施工にあたっては日本からの技術者を派遣して指導を徹底的に行い、無事完納しました。

ちょうど一年後の今回、使用状況の確認と、定期メンテナンスのためにお邪魔したのですが、大切に使っていただいているようで、清掃が行き届き、良い状態でした。

大学側からの製品としての評価も上々で、追加のご注文も期待できそうです。




さて、ちょうど出張の間(4/1-4)、東京ではソメイヨシノが満開だったようですね。

日本でお花見が出来ず、ちょっと悔しい思いだったのですが、驚いたことに上海にもあちこちソメイヨシノが咲いているではありませんか!!

上海の桜

写真は、多倫路文化名人街に咲いていたものですが、他にも市内のあちこちで咲いてました♪

中国に10年以上駐在してもらっている、厦門日学の菊地総経理も、中国でソメイヨシノが咲いているのを見たのは初めてとのこと。

上海に駐在している方ならご存知なのでしょうが、出張族の我々にとってはビックリ。

もともと開花してから散ってしまう期間が短い木ですから、運が良くなければ見られないのでしょうね。

ちょっと得した気分でした。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/04/08 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職