黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

日学にロボット来たる!!~アボットライリー~

今やAIやロボットが新聞やニュースで取り沙汰されていますが、我が社にもやってきましたよ、ロボット。

その名も「アボット・ライリー(appbot RILEY)」!!

IMG_7323.jpg

当社お得意先のライオン事務器さんが、5月に開催された教育ICTソリューションEXPOに出品、6月発売を発表してたところに真っ先に飛びついて、第1号機を購入させていただきました。

ロボットといっても、ペッパーくんやRobiのような自律型のロボットではなく、動く監視カメラ的な製品で、「ラジコン戦車にWebカメラが付いている」というと判りやすいと思うのですが、お値段なんと29,800円(税込み)と驚きの低価格。

では遅ればせながら、開封レポートです。

外箱の各面はこんな感じ。
IMG_7094-COLLAGE.jpg

ふたを開けて…中身を全部出してみました。
IMG_7103.jpg

本体と充電台、アダプター、USBケーブル、取説の5点が入ってます。

初期設定の前にまず、スマホやタブレットにアプリを導入しておく必要があります。

電源ボタンとRESETボタンを同時に長押ししてしばらく待つと、首を上下に振り、ライリーが渋い声で「I'm ready」とつぶやきますので、スマホアプリの設定に取り掛かります。

設定の入り口がちょっと変わっていて、まずスマホ自体の設定をちょっといじります。

「Wi-Fiの設定」を選び、ライリーが発信しているWi-Fi電波をキャッチします。

周囲に飛んでいる電波のうち、"APPBOT-xxxxxx Wi-Fi"を選び、8桁の初期パスワードを入力して接続します。

接続が完了したら、先ほどインストールしたアプリを起動し、自分のLAN環境のWi-Fiに接続します。
Riley設定

うちのライリー君の時はこのときにちょっと手間取りました。

どうやら、この手順はまず、スマホとライリー君(無線アクセスポイント機能を持つのか?)を繋ぎ、

  スマホ--Wi-Fi接続--ライリー君

ライリー君をリモートコントロールする形で、ライリー君と自分のWi-Fi環境を接続するというプロセスのようです。

  スマホ--Wi-Fi接続--ライリー君--Wi-Fi接続--LANネットワーク--WANネットワーク

間違ってたらごめんなさい(^_^;)

初回ではこのリモートコントロールがうまくいかず、いつまで経ってもライリー君とWi-Fi環境が繋がらずに苦労しました。

結局何回かリトライしたら成功しましたけどね。

接続完了後、4桁の初期パスワードを入力するとあっさり繋がりました。

推測ですが、この時点でスマホとライリーのWi-Fi接続は切断され、スマホは元のWi-Fiネットワークに接続。

ライリー君もLANネットワークに接続されていて、Wi-Fiルーター経由でスマホとライリー君の接続が確立されたものと思われます。

接続が確立されると、さっそくライリー君のカメラの画像がスマホに表示されます!!

Riley機能

スマホ画面上に表示される、操作ジョイスティックで移動したり、カメラを上下させることができます。

これは、正直、面白い!!

秀逸なのは、充電ドックに自走して戻る機能。

お掃除ロボットのルンバのように、ドックの位置を記憶して戻ることは出来ないのですが、ジョイスティックでコントロールして画面にドックを映し、機能画面を出して「ドッキングボタン」を押せば、後は自分でドッキングしてくれます。

この動作が、なんとも「男の子ごころ」をくすぐります。

ジョイスティックでコントロールして床を走り回らせてみたのですが、動きはわりとのっそりですね。

人が歩くスピードには敵いません。

…ので、会社でチャキチャキ歩いている人に出くわすと、踏み潰されそうです(笑)

現在、うちのライリー君は日学本社の東京パブリック営業部のキャビネットの上に、充電ドックとともに鎮座して、社員のみんなの働きぶりを見守っています。

IMG_7417.png

手前左のデスクで、スマホをいじっているのは、何を隠そうこの私自身です(笑)

ライリー君が社内のWi-Fiにさえ繋がっていれば、スマホで外出先からコントロールできるのが面白いところです。

マイクとスピーカーが付いているので、やろうと思えば会話も出来ますが、若干遅延するのと音質がさほどクリアでないので、会話するなら相手が居るのをカメラで確認して、電話した方が快適かもしれません。

たまにライリー君の機嫌が悪いと一発では繋がらず、何回かリトライしたり、しばらく経ってから接続すると繋がるところが、なんとも気まぐれで人間ぽい(笑)

上下・左右に視野を移動でき、赤外線カメラモードも備えているので防犯カメラとしても使えますね。

あと、子供やお年寄り、ペットなどの見守りにも活用できるでしょう。

以上、「アボット・ライリー(appbot RILEY)」の開封&使用レポートでした。

冒頭にも述べましたが、「人の自律行動を模しているか」という観点では、これは「ロボット」というより、さまざまな機能を盛り込んだ「遠隔操作カメラ」。

(だから、ロボット・ライリーではなく「アボット」なんですね!)

しかしこれだけ充実した機能を持ち、愛嬌のある外見の遠隔カメラが、30,000円を切る価格で手に入る時代がやってきたことは感慨深いです。

AIやIoTの進化がもたらす、大きな変革の波がもうすぐそこに来ていることを実感せざるを得ません。

みなさんもよかったら、実際に手に取ってみてください。

ご購入の際はぜひ、ライオン事務器さんのWebショップからお買い上げくださいねm(__)m


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2017/08/25 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

2017年度、新卒者入社式。

今年はの開花が変則的でしたね。

真っ先に東京で開花宣言。

その後、関東より南の西日本が続くというフェイントっぷり。

でもおかげで、今年の新入社員の入社式(4月3日)に間に合いましたよ

内定式の記事でもご案内しましたが、今年は武田さん(大卒♀)と望月君(高卒♂)という、2名の新入社員を迎えました。

↓本社の会議室で開催した入社式。
2017入社式_DSC_0236

↓取締役をはじめとする幹部との昼食会でパチリ。
2017入社式_DSC_0242
誰が新入社員かは、説明しなくてもわかりますよね(笑)

↓満開の桜が咲く近隣の公園で記念撮影。
2017入社式_DSC_0244 (2)

いやー、二人とも初々しくてかわいいですね。

彼らはこれから約2ヶ月の研修期間を経て、各部門に正式配属されます。

先日、静岡の工場を訪れたのですが、望月君が真剣な表情でベテランの松浦主任の指導を受けていました。

新しい環境に馴染むのは大変でしょうが、ガンバレ
新入社員研修_DSC_2171

彼らが成長して日学の戦力に育つまで、いま少し時間がかかると思います。

受け入れて指導・教育する部門にとっては、少なからず負担となることでしょう。

しかしながら、自分たちベテラン社員も含めて、はじめはみな初心者。

それは新卒者であろうと、中途入社であろうと同じです。

先輩たちが業務の傍ら、世話を焼き、悩みを聴き、さまざまな指導をしてくれたからこそ、今の自分があるのです。

受けたご恩は、新しい仲間への親身な指導という形で返す、そんな社風であってほしいと思います。



↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2017/04/27 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

内定式。

ご無沙汰してます、黒板屋■三代目社長の吉田です。

日学は12月決算なので、来年の予算を策定するにあたり、いろいろ考えなければならないことが多く、更新が滞ってしまいました。

そんなわけで1ヶ月近く温めてしまいましたが、去る10月3日に来年春卒業予定の大学新卒者の、また10月19日には高校卒業予定の新卒者の内定式を行いました。

前年は大卒者2名でしたが、今回は大卒1名・高卒1名の計2名です。

また前年は女性2人に対して、今年は女性1名(大卒)・男性1名(高卒)です。

女性ばかりだと、「あーぁ、だから社長は…(以下略)」と言われかねないので(笑)、男子が1人入ってくれたのはとってもありがたい♪

去年から始めた「日学・黒板アート甲子園」の広告効果か、今年もたくさんの入社応募がありました。

ご縁があったのは限られた2名でしたが、私も採用活動を通じて入社に対する熱意や、最近の学生たちの生活ぶり、社会人になるにあたっての若々しい思いなど、さまざまな気付き、そして元気をもらいました。

思い返せば私も20数年前、就活に走り回りました。

考えてみれば就職活動とは、人生で初めて本気で、社会と向き合う機会ではないかと思います。

同時に自分は何者で、何がしたいのか、どのような大人になりたいのか、どのように社会と関わりたいのか、未熟ながらもとことん考え抜く、初めての経験だったように感じます。

また、内定をもらえないということは、入試のように学業成績で落とされるのではなく、能力や人間性でふるいにかけられるという意味において、ひとりの人間として組織に拒絶される、初めての苦い体験でもありました。

しかしそういった数々の経験の積み重ねを通じて、自分もちょっと成長した気がします。

きっと今年の内定者も二人も、少なからずそんな経験を経て、当社への内定が決まったんじゃないかな。

苦労して内定を勝ち取ったことに加え、きっと大きく成長した、そんな意味も込めて、心から「おめでとう」の気持ちを伝えたいです。

2017年大卒予定者内定式

来春の卒業まで、あとわずかな期間ですが、残された学生生活を有意義に過ごし、またひと回り成長して入社の日を迎えて欲しいと思います。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/11/01 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

ここ2ヶ月ほどの近況報告(その2)

ここ2ヶ月間の出張履歴をだらだらと続けさせてもらいますので、お暇な方はあくびを噛んでお付き合いを(笑)

6/17からの4日間は本州縦断です。

まず、当社が取り扱う黒板・ホワイトボードの表面材料である、「アルミメッキホーロー」製品の販売団体である、「アルミホーロー会」の定例会を、供給元でキッチンやバスで有名なタカラスタンダードさんの福岡支店で開催。

下の写真は、体に毒と知りつつ止められない、深夜の博多ラーメン@中州の「大砲」

DSC_1320.jpg

翌日は関西地区の黒板屋さんが自主的に作った勉強会集団、「近畿黒板同友会」の研修会を、なんと本州最北の青森で行うということで、メンバーである私も参加させていただき、福岡⇒伊丹⇒青森と飛行機を乗り継いで青森入り。

電車を乗り継いで、津軽新城というかわいい駅へ。

DSC_1323.jpg

そこで迎えてくれたのが、青森の黒板屋さんの勉強堂黒板製作所さん。

DSC_1327.jpg

工場を見学させていただきました。

翌日から2日間は観光を通して親睦を深めます。

基本的に皆さん気のいい「黒板大好き人間」が集まっていますので、話しは尽きません。

ただし、3日間もベッタベタの関西人に囲まれて過ごすと、関西弁が伝染って「エセ関西人」が出来上がりますな(笑)

八甲田山、酸ヶ湯温泉、十和田湖、奥入瀬渓谷、ねぶたの家「ワ・ラッセ」などを堪能してきました。

DSC_1354.jpg

DSC_1385.jpg

その週は1日本社に出勤しますが、その翌日の6/22-23は再び定例の静岡工場出張。

工場では現在、生産性の向上と職場環境の改善をめざし、レイアウトの変更と「ホコリ一掃運動」に取り組み中。

社長の私が納得できる改善が出来たら、ごほうびというわけではありませんが、トイレなどサニタリー設備の改善をお約束しているので、結果が楽しみです。

そして最後は6/29-7/1の日程で、当社埼玉営業所と仙台支店のお得意先様にご挨拶に伺い、各地の市場動向について教えていただいたり、当社新製品のご案内をさせていただきました。

下の写真は仙台のホテルでもらった無料チケットでゲットした、「ずんだシェィク」。

DSC_1407.jpg

おじさんには、ちょっと甘すぎました~。



…とまあ、ここ2か月ほどの出張履歴を駆け足でご紹介したのですが、数えてみたら、

出張日数:22日

宿泊数:13泊

そして移動距離、なんと8,600km!!(現地での移動距離の測定は面倒なので、自宅と各地の主なターミナル拠点を結んだ距離だけです)

東京からポーランドのワルシャワとか、アメリカのロサンゼルスくらいまでの距離です!

8600km.jpg

いやー、さすがに46歳のおっさんにとってはハードでしたね。

でも、旅の中で色んなものを見て、たくさんの人たちと会い、様々な話をして触れ合う中で、多くの気付きや元気をいただきました。

対応してくれた日学各支店・営業所の社員の皆さん、たくさんの情報をいただいた各地のお得意先様や仕入れ先様、お付き合いいただいた黒板屋さんの皆さん、そして細かい段取りやチケット、宿の手配など、安心して出張出来るように心くばりしてくれた総務部の柳係長に、あらためて感謝です。

ありがとう。



↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/07/07 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

ここ2ヶ月ほどの近況報告(その1)

こんにちは、黒板屋■三代目社長の吉田です。

4月末から出張続きで、この2ヶ月間、デスクに座る時間が短いこと短いこと(笑)

折角なので、どのくらい出張していたか、振り返ってみることにしました。

まず4/27-28に金沢に出張。

かがやき

当社の営業所があるのですが、お得意先様にご挨拶にお伺いしたり、中小機構のお世話になった方が金沢の出先に転勤になったので、立ち寄らせてもらったりしました。

このとき、どうも風邪をひいたらしく、残念ながらゴールデンウィーク前半は寝たきりで過ごしました(涙)

GWが明けて、5/12-13の日程で、当社の福岡営業所のお客様に、年度末の繁忙期のお礼参り。

夜は所長の林田さんと、「やま中」というもつ鍋の専門店で、ニラとにんにくがたっぷり入った、口の中でとろけてしまうもつ鍋を堪能。

DSC_1181.jpg

うまかったー♪

5/20-21は遠出ではないのですが、「全国黒板工業連盟」という業界団体の総会を、東京で開催。

私はたまたまその時、関東支部長だったので、全国から集まる黒板屋の社長さんたちをおもてなしする立場。

浜松町の貿易センタービルで総会を開催したあと、東京湾ディナークルーズを企画。

FB_IMG_1463820863251.jpg

浜松町のホテルに一泊した翌日は、皆さんをお台場⇒中華街⇒山下公園へとご案内、観光を楽しんでいただきました。

翌週の5/25-26は定例の当社静岡工場出張。

そして、6/1の晩から名古屋入りして3日まで、当社名古屋営業所の主だったお得意先様や仕入れ先様にご挨拶、新製品の拡販のお願いをして回りました。

下の写真は去年から名古屋に赴任し、活躍中のK所長。

DSC_1289.jpg

週が明けて6/7-8は再び静岡工場に出張。

前後の出張と合わせて、工場で勤務する全社員とそれぞれ30分程ずつ面接をして、現場の悩みや課題を聞かせてもらいました。

夜はその時たまたま研修に来ていた新卒の新入社員2名と、工場のメンバー数名で会食。

下の写真は酔いつぶれるH係長です(笑)

DSC_1313.jpg

長くなりましたので、いったん区切りましょうか。

(つづく)

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/07/07 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職