黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

内定式。

ご無沙汰してます、黒板屋■三代目社長の吉田です。

日学は12月決算なので、来年の予算を策定するにあたり、いろいろ考えなければならないことが多く、更新が滞ってしまいました。

そんなわけで1ヶ月近く温めてしまいましたが、去る10月3日に来年春卒業予定の大学新卒者の、また10月19日には高校卒業予定の新卒者の内定式を行いました。

前年は大卒者2名でしたが、今回は大卒1名・高卒1名の計2名です。

また前年は女性2人に対して、今年は女性1名(大卒)・男性1名(高卒)です。

女性ばかりだと、「あーぁ、だから社長は…(以下略)」と言われかねないので(笑)、男子が1人入ってくれたのはとってもありがたい♪

去年から始めた「日学・黒板アート甲子園」の広告効果か、今年もたくさんの入社応募がありました。

ご縁があったのは限られた2名でしたが、私も採用活動を通じて入社に対する熱意や、最近の学生たちの生活ぶり、社会人になるにあたっての若々しい思いなど、さまざまな気付き、そして元気をもらいました。

思い返せば私も20数年前、就活に走り回りました。

考えてみれば就職活動とは、人生で初めて本気で、社会と向き合う機会ではないかと思います。

同時に自分は何者で、何がしたいのか、どのような大人になりたいのか、どのように社会と関わりたいのか、未熟ながらもとことん考え抜く、初めての経験だったように感じます。

また、内定をもらえないということは、入試のように学業成績で落とされるのではなく、能力や人間性でふるいにかけられるという意味において、ひとりの人間として組織に拒絶される、初めての苦い体験でもありました。

しかしそういった数々の経験の積み重ねを通じて、自分もちょっと成長した気がします。

きっと今年の内定者も二人も、少なからずそんな経験を経て、当社への内定が決まったんじゃないかな。

苦労して内定を勝ち取ったことに加え、きっと大きく成長した、そんな意味も込めて、心から「おめでとう」の気持ちを伝えたいです。

2017年大卒予定者内定式

来春の卒業まで、あとわずかな期間ですが、残された学生生活を有意義に過ごし、またひと回り成長して入社の日を迎えて欲しいと思います。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/11/01 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

ここ2ヶ月ほどの近況報告(その2)

ここ2ヶ月間の出張履歴をだらだらと続けさせてもらいますので、お暇な方はあくびを噛んでお付き合いを(笑)

6/17からの4日間は本州縦断です。

まず、当社が取り扱う黒板・ホワイトボードの表面材料である、「アルミメッキホーロー」製品の販売団体である、「アルミホーロー会」の定例会を、供給元でキッチンやバスで有名なタカラスタンダードさんの福岡支店で開催。

下の写真は、体に毒と知りつつ止められない、深夜の博多ラーメン@中州の「大砲」

DSC_1320.jpg

翌日は関西地区の黒板屋さんが自主的に作った勉強会集団、「近畿黒板同友会」の研修会を、なんと本州最北の青森で行うということで、メンバーである私も参加させていただき、福岡⇒伊丹⇒青森と飛行機を乗り継いで青森入り。

電車を乗り継いで、津軽新城というかわいい駅へ。

DSC_1323.jpg

そこで迎えてくれたのが、青森の黒板屋さんの勉強堂黒板製作所さん。

DSC_1327.jpg

工場を見学させていただきました。

翌日から2日間は観光を通して親睦を深めます。

基本的に皆さん気のいい「黒板大好き人間」が集まっていますので、話しは尽きません。

ただし、3日間もベッタベタの関西人に囲まれて過ごすと、関西弁が伝染って「エセ関西人」が出来上がりますな(笑)

八甲田山、酸ヶ湯温泉、十和田湖、奥入瀬渓谷、ねぶたの家「ワ・ラッセ」などを堪能してきました。

DSC_1354.jpg

DSC_1385.jpg

その週は1日本社に出勤しますが、その翌日の6/22-23は再び定例の静岡工場出張。

工場では現在、生産性の向上と職場環境の改善をめざし、レイアウトの変更と「ホコリ一掃運動」に取り組み中。

社長の私が納得できる改善が出来たら、ごほうびというわけではありませんが、トイレなどサニタリー設備の改善をお約束しているので、結果が楽しみです。

そして最後は6/29-7/1の日程で、当社埼玉営業所と仙台支店のお得意先様にご挨拶に伺い、各地の市場動向について教えていただいたり、当社新製品のご案内をさせていただきました。

下の写真は仙台のホテルでもらった無料チケットでゲットした、「ずんだシェィク」。

DSC_1407.jpg

おじさんには、ちょっと甘すぎました~。



…とまあ、ここ2か月ほどの出張履歴を駆け足でご紹介したのですが、数えてみたら、

出張日数:22日

宿泊数:13泊

そして移動距離、なんと8,600km!!(現地での移動距離の測定は面倒なので、自宅と各地の主なターミナル拠点を結んだ距離だけです)

東京からポーランドのワルシャワとか、アメリカのロサンゼルスくらいまでの距離です!

8600km.jpg

いやー、さすがに46歳のおっさんにとってはハードでしたね。

でも、旅の中で色んなものを見て、たくさんの人たちと会い、様々な話をして触れ合う中で、多くの気付きや元気をいただきました。

対応してくれた日学各支店・営業所の社員の皆さん、たくさんの情報をいただいた各地のお得意先様や仕入れ先様、お付き合いいただいた黒板屋さんの皆さん、そして細かい段取りやチケット、宿の手配など、安心して出張出来るように心くばりしてくれた総務部の柳係長に、あらためて感謝です。

ありがとう。



↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/07/07 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

ここ2ヶ月ほどの近況報告(その1)

こんにちは、黒板屋■三代目社長の吉田です。

4月末から出張続きで、この2ヶ月間、デスクに座る時間が短いこと短いこと(笑)

折角なので、どのくらい出張していたか、振り返ってみることにしました。

まず4/27-28に金沢に出張。

かがやき

当社の営業所があるのですが、お得意先様にご挨拶にお伺いしたり、中小機構のお世話になった方が金沢の出先に転勤になったので、立ち寄らせてもらったりしました。

このとき、どうも風邪をひいたらしく、残念ながらゴールデンウィーク前半は寝たきりで過ごしました(涙)

GWが明けて、5/12-13の日程で、当社の福岡営業所のお客様に、年度末の繁忙期のお礼参り。

夜は所長の林田さんと、「やま中」というもつ鍋の専門店で、ニラとにんにくがたっぷり入った、口の中でとろけてしまうもつ鍋を堪能。

DSC_1181.jpg

うまかったー♪

5/20-21は遠出ではないのですが、「全国黒板工業連盟」という業界団体の総会を、東京で開催。

私はたまたまその時、関東支部長だったので、全国から集まる黒板屋の社長さんたちをおもてなしする立場。

浜松町の貿易センタービルで総会を開催したあと、東京湾ディナークルーズを企画。

FB_IMG_1463820863251.jpg

浜松町のホテルに一泊した翌日は、皆さんをお台場⇒中華街⇒山下公園へとご案内、観光を楽しんでいただきました。

翌週の5/25-26は定例の当社静岡工場出張。

そして、6/1の晩から名古屋入りして3日まで、当社名古屋営業所の主だったお得意先様や仕入れ先様にご挨拶、新製品の拡販のお願いをして回りました。

下の写真は去年から名古屋に赴任し、活躍中のK所長。

DSC_1289.jpg

週が明けて6/7-8は再び静岡工場に出張。

前後の出張と合わせて、工場で勤務する全社員とそれぞれ30分程ずつ面接をして、現場の悩みや課題を聞かせてもらいました。

夜はその時たまたま研修に来ていた新卒の新入社員2名と、工場のメンバー数名で会食。

下の写真は酔いつぶれるH係長です(笑)

DSC_1313.jpg

長くなりましたので、いったん区切りましょうか。

(つづく)

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/07/07 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

日学の経営理念について(経営理念編)

「日学の経営理念について」の第二弾は「経営理念」編です。

経営理念と行動指針-経営理念編

「経営理念」は当社の社会的存在価値、言いかえれば「日学って何のために存在するの?」という、きわめて根源的な概念です。

会社経営の「根幹をなす部分」であり、「不易(時代を通じて変わらないこと)なるもの」として、1999年9月に制定されました。

私たち日学は、何か壁にぶつかって判断に迷う時、必ず原点たるこの「経営理念」に立ち返り、これから下す決断が「経営理念」に反していないか、自問自答しながら進んでいくのです。

さて、日学の「経営理念」は、3つの考え方で成り立っています。


1. 当社は社員の幸福を追求します。

当社のとっても特徴的な、そして日学の社風を表しているのがこの部分です。

先にも述べたように、経営理念は「日学は何のために存在するの?」ということですから、その一丁目一番地に「社員の幸福」がブチ上げられていることになります。

裏を返せば、「日学は社長をはじめとする、経営幹部やオーナー一族のためにあるのではない」、ときっぱり述べているのです。

一般的に「会社は誰のもの?」という問いかけに対しては、色んな議論があり、非常に難しい問題ですが、当社の場合はハッキリ「株主のもの」と言い切って良いと思っています。

なぜなら、「会社は何のためにあるの?」の答えが、明確に「社員ため」と定義されているからです。

「所有」と「目的」は別次元の問題です。

日学の株主は身銭(みぜに)を切って、会社に資本を提供する者(=所有者)ではありますが、その目的は「社員の幸福」と後に述べる「社会貢献」にあり、その見返りとして、業績が良い時には配当が得られる。

この枠組みに賛同できないのであれば、日学の株主になるのはやめておいた方が良いということです。

こんなことは上場企業ではないから、許されるでしょうね。

ともあれ、「社員の幸福」をまず優先する。

これが日学という会社の大きな特性です。


2. 社会にとって価値ある製品とサービスを開発・提供します。

この部分は会社の存在意義・価値を、どのようにして実現するかが触れられています。

「社会にとって」というひと言には、「価値があるかないか」を判断するのは、あくまでも社会(お客様)であり、お客様目線で考える姿勢がこめられています。

また、「価値ある製品とサービス」にはモノづくり・モノ売りだけではなく、コト売り(ソリューション)も含まれることを示しています。

そして、「開発・提供します」には、メーカーとしての矜持、すなわち「自ら企画・開発するんだ!」という決意を表わしています。


3. 項目1.及び2.を実現することで、世界の平和と進歩発展に貢献します。

最後に思いっきり大上段に振りかぶりましたね(笑)

「地域社会すっ飛ばして、いきなり世界かよ」と突っ込まれそうですが(笑)、いいんです、あくまでも「最終目的」ですから。

ここでは「平和」や「進歩発展」を謳う以上、それに資する製品やサービスを売っていきます、つまり武器だとか麻薬だとかいった反社会的商品は扱わないという縛りをかけています。

そして、何より会社が最後に目指すのは「社会のお役に立つ」ことにある、という点が一番重要なことでしょう。

私たちが平和な暮らしを享受できるのは、私たちを取り巻く社会、最小単位では「家族」、そこから学校や会社など、自分の所属する組織、そして「地域」「国」「世界」とだんだん大きくなっていきますが、様々な形の「社会」に支えられているからです。

社会とは相互依存の関係で成り立っていて、支えられている一方で誰かを支え、恩恵を受けたらその恩返しをしなければならない。

会社も社会の一員として、「社会のお役に立」たなければなりません。

そのことを「経営理念」の中で宣言していると言ってもいいでしょう。



尚、人々の「働き方」や「価値観」が多様化する中、当社にとっての「社員」とは誰なのか、また「社員の幸福」とは何なのか、といった命題について、先般再定義しましたので、最後に付け加えたいと思います。

日学の経営理念における「社員」とは・・・

「役員・正社員・非正規社員に関わらず、会社の経営理念や方針を正しく理解し、各々の与えられた職務に対し、全力で一生懸命取り組む人」


会社が追求していく「社員の幸福」とは・・・

① 経済基盤が安定し、将来的な生活設計が立てられること。
② 仕事を愛し、誇りとやりがいをもって取り組み、その過程で自分自身が成長できること。
③ 取り組んだ仕事に対し、公平・公正な評価がなされ、適切な処遇を受けること。
④ 仕事を通じて社会に貢献し、またその喜びを実感できること。
⑤ 心身共に健康で安全な職場環境であること。


気が付いたら、ものすごい長文になってしまいました(^^ゞ

駄文・乱文に最後まで付き合っていただいたあなた!!

日学のこと、すこーしわかって頂けたでしょうか?

何よりも、ここまで読んでいただいたこと、心から感謝します。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/03/25 ] お仕事 | TB(-) | CM(1)

日学の経営理念について(創業者訓編)

日学には、下記の様な創業者訓・経営理念そして行動指針があります。

朝礼の時には「経営理念」と「行動指針」を、年末年始や全国店所長会議、賞与支給式など、公式行事の際はこれらに先立って「創業者訓」を唱和します。

経営理念と行動指針-創業者訓編

創業者訓の「敬天愛人(けいてんあいじん)」は、書き下し文にすると「天を敬(うやま)い、人を愛す」と読みます。

かの西郷隆盛が好んでよく使ったとされ、わかりやすくいうと、

「天から与えられた『天命』を受け入れ、それを与えてくれた天を敬いなさい。そして天がすべての人に平等に慈愛を施すように、自らも他人に対して慈愛をもって接しなさい」という意味です。

なかなか難しいことですよね。

「天命」は「運命」とほぼ同意語で使われることもありますが、ここでは「天から与えられた使命」という意味が強いです。

いずれにしても、嫌なこと・つらいことがあれば、人は運命を呪いたくなるものだし、今自分がやっていることは、果たして「天が与えたもうた使命、あるいは天職」なのかどうかも、確信が持てない人の方が多いのではないでしょうか。

「全ての人に愛をもって接する」って、「イエス・キリストかよっ!」と思ってしまいます。

私のおじいちゃんである、創業者・吉田富雄(故人)が、あまたある言葉の中から、なぜこの言葉を座右の銘とし、創業者訓(当初は「社是」)にしたのか、本人から聞くすべはもはやありませんが、私はこんな風に受け止めています。

「会社を経営する以上、経営者は社員やお得意先様、仕入先など、多くのステークホルダー(利害関係者)に責任を持つ立場にあり、容易に投げ出すことは出来ません。

会社の業績は良い時もあれば、悪い時もある。

社内が順風満帆で進むこともあれば、いざこざやトラブルでギスギスしているときもあります。

経営者、特に社長は、そんな順境も逆境もすべて天命として受け入れ、順調なときには天に感謝しなさいよ。

また逆境が来たら逃げ出さずに、天が与えた、乗り越えなければならない試練として受け止めなさい。」


また、「敬天愛人」の「人」とは、ここでは特に「社員(従業員)」を指すと思っています。

「『社員』あってこその日学です。

『社員』を我が子のごとく平等に愛し、その幸福と成長を願って接しなさい」


つまり「社員に向けての社是・創業者訓」というより、自分の跡を行く後継者たちへの、祖父からのメッセージであると。

言うなれば、創業一族の家訓ですね。

もしかしたら、本当はもっと広い意味での「天命」そして「人」なのかもしれませんが、今の私には「会社」と「社員(従業員)」だけで一杯いっぱいですな(笑)

次回は、「経営理念」について書こうと思います。



↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/02/29 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)