黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

【告知】電子黒板<プランテージ>、在庫一掃決算セール!!

早いもので、11月も半ばを過ぎ、本年もあと1ヶ月と少しになりました。

当社の決算は12月、年末に向かって社員一同、ラストスパートです。

そこで告知。

電子黒板 特売 セール

数ある黒板メーカーの中で唯一、当社のみが自社開発・販売する、電子黒板(コピーボード)「プランテージ」ですが、製品のリニューアル切り替えにともない、
在庫一掃決算セールを実施中です。

気になるお値段ですが、定価に対しなんと最大で53%オフ!!

最大4面書き消しできて、USBもLANも使える最上位機種のLF-74Tが、
定価343,440円(通常当社ネット価格274,752円)のところ162,000円!!

まことに勝手ながら、限定50台の早い者勝ちです。

書いてすぐプリントアウトするもよし、画像データとしてUSBメモリやネットワーク上のストレージに保存するもよし。

まだ電子黒板を使ったことがない方も、お値打ち価格で手に入れるチャンスです。

ここだけの話、新旧リニューアル切り替えとはいってもスペック上、引けを取るものではありません。

もちろん、製品保証やメンテナンス、保守部品の取り扱いも従来通り。

とってもお買い得です。

ご購入は日学オンラインストアをご利用ください。

お問い合わせは、フリーダイヤル【0120-980-178】まで。

繰り返しますが、数量限定ですので、皆さんお早めに!!


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2016/11/17 ] イベント | TB(-) | CM(0)

教育ITソリューションEXPO出展中です!

本日5/22まで、東京ビッグサイトで開催中の「教育ITソリューションEXPO」に、日学も出展中です。



これまでの二日間、大変多くのお客様にお立ち寄り頂きました。

本日が最終日。

ブース内では黒板上部に取り付け、左右にスライドするプロジェクタータイプの電子黒板や、厚さわずか8mmで、壁面全体をホワイトボード化できる、当社の超売れ筋商品"SMW(超薄型壁面ホワイトボード)"の現品を、手に触れてご確認頂けます。

さらに「日学・黒板アート甲子園」との連動企画として、「黒板ジャック」でお馴染みの、武蔵野美術大学の学生さんにお願いして、黒板アートの現地実演制作もご披露しています!



3日間、毎日別の学生さんに来て頂き、日替わりで別々の作品が、描き上げられていく過程をご覧いただけます。

上の写真は二日目の作品で、まだ描いている途中。

ご興味のある方は、お時間があれば、是非ともお運び下さい。

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/05/22 ] イベント | TB(-) | CM(0)

ご覧ください!すばらしい発想力と表現力!!(その3)

ここのところ、ゆっくりPCの前に座る時間がなくて、更新の間が空いてしまいました。

しかたがないので、ちょっと重いですがノートPCを持ち出して、新幹線の中で書いてます。

結果発表から1か月近くも経って今さら…、と怒られそうですが、めげずに(その2)に続いて「日学・黒板アート甲子園プレ大会」の入賞作品をご紹介したいと思います。

今回は「日学特別賞」を受賞した3作品を一挙にご紹介。

この賞は「日学」と付けさせていただくだけあって、社長である私の好みが、かなり入ってます。

もちろん他の審査員の先生方の評価も高いのですが、最優秀賞・優秀賞を除く、入賞候補作品8点のうち、特に当社の企業イメージやコンセプトに合うものをチョイスさせて頂きました。

まずは千葉県立松戸高等学校・芸術科9期生有志の皆さんの作品。11人がかりで描いてくれました。

(すべての入賞作品は「プレ大会公式サイト」からご覧いただけます。)
千葉県立松戸高等学校・芸術科9期生有志

制作エピソードは次の通り。

「テーマは『祈り』です。芸術科9期生はそれぞれ個性的で我が強く共同制作にあたり不安でしたが、それを逆に生かせればと思い、各々の得意分野を盛り込んだ構成にしました。完成後、いつも厳しい担任から初めて100点満点の評価をもらうことができました」

芸術科の生徒さんだけあってレベルが高いです。

構図や配色のバランスが高評価であったことは【審査評】に譲りますが、私が何より感じたのは富士山や東京タワーが象徴している「日本」という国への「祈り」です。

何を祈っているのかは、観る人がそれぞれに感じれば良いのでしょうが、私は一人の大人として、また企業人として、将来の日本を担う、若い彼らのために、その「祈り~願いや希望」を叶える手助けに何が出来るのか、考えさせられた作品でした。



お次は、茨城県立水戸桜ノ牧高等学校・2年7組のお二人。

茨城県立水戸桜ノ牧高等学校・2年7組

制作エピソードは「日本文化とともにあり続ける富士山。この美しい富士山を黒板いっぱいに描き上げました。全体的なバランスと画面へのおさめ方がとても難しく感じましたが、このような絵はあまり描く機会がないのでとても新鮮に感じました」

富士山好きなんですよねー、私(笑)

一昨年の夏は、上の子供二人(当時、高1と中2)を連れて、富士登山にもチャレンジしたものです。

さて、この作品は白いチョークだけで描かれた、シンプルなモノクロ作品。

にもかかわらず、冠雪の冷気、富士山の荘厳さとそれに対する畏敬の念が伝わってきて、一目見て気に入りました。

額に入れて部屋に飾りたくなるような作品です。



日学特別賞・最後の一つは長崎県立佐世保西高等学校・美術部の皆さん(9名)。

長崎県立佐世保西高等学校・美術部

制作エピソードです。

「卒業される3年生全員へのお祝いの気持ちと、今までお世話になったことへの感謝の気持ちを込めて黒板アートを制作しました。200人を越える先輩全員に送った作品は、6クラスそれぞれの担任の先生と学年主任を描きました。そして、描いた先生方から一言ずつメッセージを書いていただいて完成しました」

これはもう「黒板アート甲子園」のコンセプトにどんぴしゃり!!な作品。

先生方の肖像を、チョークで描く画力はもちろんですが、その表情が生き生きとしていて、たぶんそれぞれの教師の特長を一番とらえた表情やポーズのカットなんだろうな、等など想像が掻き立てられます。

絵だけでなく、文字で気持ちを伝えているのもポイント。

黒板アート甲子園は単なる絵画コンテストではなく、「黒板」というキャンバスに、様々な工夫を凝らして、気持ち思いを伝えるアート・コンテストですから、文字も全然アリ!なんです。

「文字の部分は、先生の手が入ってるじゃん!(怒)」というご指摘もあろうかと思いますが(実際、審査会では議論になりました)、作品の性格上、ここが直筆じゃなかったら…卒業生の感動は3割引ですよねぇ…。

「今回はプレ大会だし、まあいいじゃん!(笑)」ということで押し込み、日学特別賞入りです!

受賞された各校・各グループには表彰状と、学校さん宛てに「日学製スタンド式ホワイトボード(片面)」をお贈りします。

日学特別賞・賞品


皆さん、おめでとうございました。

これからも素晴らしい黒板アート作品を描き続け、来年はぜひとも最優秀賞を狙って下さいね♪

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2015/04/24 ] イベント | TB(-) | CM(0)
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職