黒板屋■三代目社長のブログ

古くて新しい。身近なメディアの素晴らしさをご紹介します

なに気にスゴイらしい、健康優良企業・銀賞。

最近とみに働き方改革とか、ライフ・ワーク・バランスとか話題になってますね。

生産年齢人口の減少に歯止めがかからない中、労働力の確保、人材獲得競争は激化するばかり。

一種のブームみたいになっている気がします。

まあそれはそれで、各方面に市場が創造されたり、生産性向上の意識が変わったりいい面もあるのでしょうから、一概に悪いわけではなく、日本社会全般にとっては必要なことなのだと思います。

一方、当社はというと、以前このブログでも申し上げているように、会社経営理念の一丁目一番地が「社員の幸福」ですから、考え方としてはまったく違和感なく、当たり前のこととして以前から取り組んでいるような気がします。

それが表れている一端が健康保険組合連合会東京連合会による「健康優良企業認定」。

20180904115255775_0001.jpg

当社は銀賞を頂いているのですが、健保組合の皆さんの話を聞くと、これがなかなか取れないらしいんです。

執筆中の現在、当社が加入する東京文具工業健康保険組合で銀を受賞したのは当社のみ。

東京連合会の全企業の中でも400社足らずしか獲得していないようです。

何をすれば認定されるかというと、まず「健康優良企業宣言」をした上で、「健康企業宣言チェックシート」で現状を確認、PDCAを回して基準以上を獲得し、健保組合と東京連合会に認めてもらう必要があります。

高得点が取れれば金賞・銀賞を獲得できます。

で、日学ですが、あっさり銀賞取っちゃいました(笑)

当社としては、当たり前のことを当たり前にやっていただけなので意外でしたが、それでも客観的に評価してもらえると嬉しいですね。

会社が健全に運営されるためには、何よりも社員の健康が大前提ですから、今後もさらに上の色を目指して取り組んでいきたいと思います。

同時に今後重要視しなければならないのは、生産性の向上

当社とて時間外労働は少なからずありますし、最近は新卒・中途のいずれも採用環境が厳しくなっていることをひしひしと実感しています。

少ない人手で効率よくモノを造り、効率よく売る仕組み作りが、社員にとっても会社にとっても幸福をもたらすと確信しています。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2018/09/04 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

日学・黒板アート甲子園®︎が画集になります!!

タイトルそのまんまですが、この度、日東書院さんという出版社からお話をいただいて、黒板アート甲子園の作品集を出すことになりました。

題名は「黒板アート甲子園作品集~高校生たちの消えない想い

発売時期はなんと9月16日ともうまぢかで、Amazonさんはじめ、各書店やウェブサイトではすでに予約を受け付けています!!

黒板アート甲子園作品集

2015年のプレ大会から今年の第三回大会までの入賞作品を中心に、選に漏れた作品も含めて176ページの画集に収めました。

当社は「総監修」という形で関わります。

いずれは消されてしまう刹那の芸術である「黒板アート」を、SNSなどで共有するだけでなく、アート作品としてきちんと評価し、アーカイブにして永くいつでも見られるようにしたいという思いで始めた「日学・黒板アート甲子園®︎」。

それが紙媒体として、より多くの方々の目に触れ、実体を持つ書籍として残ることは何よりの喜びです。

価格は本体価格3,600円(税抜)と、少々お高めですがきっと満足いただける仕上がりになっていると思います。

また出版を記念して、東京・大阪・名古屋の3大都市の書店で、入賞校によるライブペイントを開催することも決定しました。

◆9月16日(日)大阪会場 10:00~16:00頃
 MARUZEN&ジュンク堂書店 梅田店 
 大阪市北区茶屋町7-20 CHASKA茶屋町 
 ★ 好文学園女子高等学校 (エリア賞・近畿ブロック)
※ イベント紹介ページ(MARUZEN&ジュンク堂書店さんのHPにリンク)

◆9月22日(土)東京会場 12:00~18:00頃
 紀伊国屋書店 新宿本店 
 新宿区新宿3-17-7
 ★ 埼玉県立大宮光陵高等学校 (最優秀賞)
イベント紹介ページ(紀伊國屋書店さんのHPにリンク)
新宿クリエイターズ・フェスタ2018の一環でもあります

◆9月23日(日)名古屋会場 10:00~16:00頃
 三省堂書店 名古屋本店 
 愛名古屋市中村区名駅1-1-3 ゲートモール8F
 ★ 奈良県立磯城野高等学校 (日学特別賞)

↓の写真は昨年、新宿クリエイターズ・フェスタ2017で行われた、富士宮東高校の生徒さんによるライブペイントの様子。
IMG_7373.jpg

各店に幅2メートル前後の大型黒板を持ち込んで半日から1日かけて描かれます。

実力者たちによる生の黒板アートをご覧いただき、作品集を実際に手に取って、できれば(笑)…お買い求めいただけると嬉しいです

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2018/08/30 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)

ご無沙汰している間のいろいろ。

2ヶ月近くも更新をサボってしまいました、黒板屋■三代目社長の吉田です。

最近、TwitterやInstagramなどのショートセンテンス(短文)のSNSもやってまして、ついついブログの方がお留守になっています。

まあ、とはいえアラフィフのおっさんですので(笑)、そんなに全機能を使い込んでいるわけではないのですが、よろしかったら下記リンクから立ち寄ってみていただけると嬉しいです。
IMG_9410.png
Twitter:
ヨシダトモヒロ@日学⇒@T_Yoshidaur
日学・黒板アート甲子園⇒@KokubanartK

Instagram:
日学・黒板アート甲子園公式アカウント⇒nkokuabanartkoshien

さて、ご無沙汰している間もいろいろありましたので、簡単にご報告。

まず、5/16~18の会期で開催された、教育ITソリューションEXPO(EDIX)2018に、当社も出展。
IMG_8862.jpg

新製品のactiboシリーズ壁面ホワイトボードSMW、教育ICTに対応したecbo(エクボ)シリーズなどの実機を展示するとともに、社員によるプレゼン、美大生による黒板アートのライブペイントなど盛りだくさんな内容でした。
IMG_1155.jpg

翌週は、全国黒板工業連盟という業界団体の総会が福岡で開催されました。
IMG_9041.jpg

「そんな団体あるんだ!!」って感じでしょ。

あるんですよ、しかも創業90年、100年という老舗企業がゾロゾロ(笑)

加えて集まってくるのはほとんどが黒板オタク(爆)の社長さんたち。

少子高齢化で縮小する教育市場にあって、毎年何社かは廃業したり退会したりですが、一方でしっかり世代交代する会社もあって、若い経営者も増えてきています。

普段は競合相手なのですが、同じ商品を扱い、同じ業界の悩みを抱える者同士、通じ合うものもあるところが不思議ですね。

子供たちに安心・安全に黒板や白板を使ってもらうため、JIS規格や「全国黒板連盟基準」という品質基準を策定したり、「学校環境衛生基準」にもとづく検査のための「黒板検査用色票」の制作など、黒板を広めるための様々な活動を行っています。

ところで、この総会が終わった後の懇親バスツアーで、九州国立博物館を訪れたのですが、そこで特別展示をしていた「印象派展」で、ルノアールの超有名な作品にお目にかかれた(しかも写真撮影OK!!)のはラッキーでした。
IMG_9069.jpg

長くなってきましたので、今回はここまで。


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2018/07/06 ] お仕事 | TB(-) | CM(0)

【日学・黒板アート甲子園®︎2018】審査結果発表!!

黒板屋■三代目社長の吉田です。

本日10時、プレ大会から数えて4回目にあたる「日学・黒板アート甲子園®︎2018」の審査結果が発表となりました!

いやぁー、良作が従来以上に増えて、今回も審査が難しかったです。

四の五の言う前に、まずは素晴らしい作品の数々をじっくりご覧いただこうと思います!!

(下の画像をクリックすると、特設ページにジャンプします)
main_result_01_b_2018.jpg


↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2018/05/09 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)

ホワイトボードアートも募集中

現在、絶賛作品募集中の日学・黒板アート甲子園®︎ですが、実は今回、特別企画としてホワイトボードアートも募集しているんです。
DSC_2249.jpg

黒板アート部門は、中高生が対象ですが、こちらホワイトボードアート部門は年齢不問。
DSC_2254.jpg

大学生でも、社会人でも、はたまた未就学児のお子様でも応募可能。

なぜ今回このような企画を設けたかというと、「黒板アート」というジャンルが確立されつつある一方、当社のもう一つの主力商品であるホワイトボードにも、そのような可能性があるのではないか、という仮説にもとづき、実験的に募集してみよう、という趣旨。

ぶっちゃけて言うと、今回は素材集めと可能性探しの、プレイベント的な位置付け。

したがって今回は今のところ表彰とか、賞品とかは考えていないです。

もちろん応募作品はすべて日学・黒板アート甲子園®︎の特設ページでご紹介する予定です。

ただ、あまり大きな声で申し上げられないのですが、実は現時点ですんごい作品が来ちゃってます(笑)

なので、もしかしたら奮発して何か賞とかあげちゃうかもしれません(笑)

まあ、いずれにしても乞うご期待。

ちなみに↓は今年の当社の新卒社員入社式にあたって、入社3年目の若手女子社員が会場のホワイトボードに書いてくれた当社の「創業者訓」「経営理念」「行動指針」。
IMG_8671.jpg

今年は桜の花びらで可愛らしく飾ってくれました。

新人を温かく迎える気持ちが伝わってきます。

黒板アートやホワイトボードアートは、絵画だけでなく言葉や文字でも全然OK。

伝えたい想いや気持ちが、ボードを通してどれだけ伝わってくるかが大切だと思っています。

募集締め切りの4月9日まであとわずか、まだまだたくさんの「想い」が込められた作品が集まることを期待しています。

↓ランキングに参加しています。1日1回、クリックしていただけると励みになります
にほんブログ村 経営ブログ 中小企業社長へ
にほんブログ村
[ 2018/04/04 ] 黒板アート甲子園 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

nichigakushacho

Author:吉田朋弘
職業:日学株式会社 社長

東京都国分寺市出身

1970年5月生まれ

1994年 一橋大学卒業

1994年 (株)富士銀行入行

1999年 日学(株)入社

2010年12月より現職